【21Questions】スタイリングも私生活も抜群なセンスの持ち主、スウェーデン出身スタイリストのNicole Walker(ニコル・ウォーカー)

Q1:名前を教えてください。

Nicole Walker(ニコル・ウォーカー)

Q2:おいくつですか?

27歳。

Q3:出身はどこですか?

出身はスウェーデンの【ヨーテボリ】、でも今は【ストックホルム】に8年間住んでいるわ。

Q4:普段はなにをしていますか?

スタイリング、セットデザイン、インスタレーション、また展示会やプロジェクトの企画・開催などをしているわ。それとケールサラダを食べながら、空を眺めることが好き。

Q5:なぜスタイリストの道へ?

私のスタイリストの道へ進んだきっかけは、常に特定の人物を必要以上に観察していたことから。知り合いになることや、そして彼らがどのようにふるまうかを見るのよ。

Q6:スタイリングの魅力とは?

遊びを入れることと、常に自由でいること。

Q7:スタイリングをする上で、気をつけていることはありますか?

今は本当にたくさんの才能あるスタイリストが溢れていると思うの。だから、Instagramでいつも彼らがどんな風にスタイリングをしているのかチェックしているわ。

Q8:Nicoleさんにとって「ファッション」とは?

オモチャと工具。

Q9:Nicoleさんのファッションスタイルについて教えてください。

私は、朝目覚めた時に自分の体に今日は何が似合うか決めているわ。唯一の私の問題は、一度にたくさんの服を身につけていることね。

Q10:ファッション以外にも様々な活動をしているNicoleさんですが、スタイリストとして質問します。
現在または2017年に流行になりそうなファッションスタイルは何だと思いますか?

トレンドはもうないわよね。今はみんなスタイリングで勝負しているわ。ブランドはトレンドを作っているわけではないけれど、彼らは人々が購入できるようなスタイルや独自性を生み出すと思う。今ファッション業界で何が起こっているのか本当に気になるわ。でもそれを考える旅、胃が痛くなる。

Q11:ベルリンとストックホルムの生活はいかがですか?

基本的に私は2つ家を持っていて、その両方を行ったり来たりでとてもストレスだわ。ベルリンは汚いけど、私を奮い立たせてくれる街。ストックホルムはとてもキレイで安全だけれど、退屈ね。

Q12:自身の部屋にもとてもこだわりがあるのですね。

私は本当に周りに影響を受けているの。時々、自分が完璧にクレイジーな人間だと感じることがあるわ。汚かったり、散らかり放題な場所にいるととても不愉快な気分になる。だから心地よいと思える環境を自分の魂と脳を使って作り出すことが好きなの。私はプランBを持っていて、スタイリストの次はインスタレーションデザイナーになりたくて、自分のプライベートの時間を使って、計画しているところ。

Q13:お気に入りのコーヒーショップなどはありますか?

ストックホルムにある【Café Pom & Flora】は自分のスタジオからすぐにあるの。ベルリンでは【Le Bon】がお気に入り。

Q14:お気に入りの場所や今後訪れてみたい所はありますか?

【ロサンゼルス】はとても好きな場所で、4年後に行こうと思うわ。なぜなら、今大統領を務めている悪魔の存在を認める気がないからね。だからこの春は東京に行こうと思っているわ。今まで一度もアジアに行ったことがないし、とても楽しみ!

Q15:好きな香りなどはありますか?

【Dries van Noten】の香水はお気に入りよ。他には、ペパーミント、コーヒー、サンダルウッド、レモンの香りが大好き。

Q16:普段はどんな所でお買い物をしますか?オススメのショップなどがあれば教えてください。

ベルリンにある、【SAL BAZAAR】、【VOO STORE】、【THE STORE】。ベルリンとストックホルムでは、【HUMANA】。ニューヨークにある【MARYAM NASSIR ZADEH】。それと、【eBay】、【ACNE STUDIOS】、【ANDERS HAAL】。

Q17:好きなミュージシャンや音楽はありますか?

【EL PERRO DEL MAR】、【YOUNG THUG】、【BABA STILTZ】、【MOLLY NILSSON】、【SEAN NICHOLAS SAVAGE】、【DEBUSSY】、【YUNG LEAN】

Q18:お気に入りの映画や監督はいますか?

BBCの【David Attenborough】のみ。自然が大好き。

Q19:よく読む雑誌やお気に入りの本はありますか?

デンマークのポエムがお気に入り!

Q20:影響を受ける人や事がありますか?

本当に面白い芸術やファッションを創り出す人々。オープンな心を持つ事は、とても贅沢なこと。

Q21:最後に、今後の新しいプロジェクトなどの予定はありますか?またNicoleさんのライフスタイルを通して何かメッセージがあればお願いします。

今は混乱しつつある世界のこの実態をどう解決していくべきか考えている。世界のために何か違うことだったり、物を創ったりして何か私にできるのか、にフォーカスを当てるようにしているわ。

スウェーデンとベルリンの間を多忙に行き来する日々を送るNicoleさん。
洗練されたスタイリストとしてデザイナーとして、幅広く活動する彼女の私生活もまた憧れてしまうような北欧テイストなお部屋。
是非覗いてみて。


NicoleさんのInstagram:@_nicowalker_

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >