おおさかさか日本時間9月9日、全米オープン・女子シングルス決勝で女王セリーナ・ウィリアムズを破り、グランドスラムを初制覇した大坂なおみ。

そんな新女王として注目される大阪なおみが、10月25日(木)発売の『GQ JAPAN』12月号にて、自身初となる男性誌のカバーを飾った。自らファッション好きと語り、公の場での着こなしにも注目が集まる大阪なおみとファッションについて紹介したい。

日本人初のグランドスラムシングルス優勝者、大阪なおみ選手とは

Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images

ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母を持ち、3歳からテニスを始めたという大坂なおみ。4歳の時にアメリカに移住し、全米オープンの会場でもあるナショナル・テニス・センターなどで姉・大阪まりと毎日6時間近くテニスの練習をしたという。2007年には全国公共公園テニス協会選手権で、姉との14才以下女子ダブルスで優勝し、その後めきめきと頭角を現した。

2018年3月、4大大会に次ぐWTAプレミア・マンダリ―大会で優勝するという大挙を達成。続く全米オープンでも自身の憧れと語る女王、セリーナ・ウィリアムズを破り見事4大大会初優勝を飾った。

ファッション誌『GQ JAPAN』ではインタビューに加えファッショングラビアも披露

https://gqjapan.jp/

『GQ JAPAN』12月号で自身初となる男性ファッション誌の表紙を飾った大阪なおみ。中面では8ページにわたり特集が組まれ、全米オープン決勝までの道のりから、話題を呼んだ涙の表彰式、その後の身の回りの変化などをインタビューで語っている。ファッショングラビアページでは、カラフルなテニスコートを舞台に「SACAI(サカイ)」や「ACNE STUDIOS(アクネ ストゥディオズ)」などに身を包んだ姿を披露した。

多忙を極める大坂なおみ、しかも全米オープンに優勝した事でさらにメディアへの露出が増え、撮影&インタビューを行うのは容易ではなかったという。本格的なファッション・シューティングは今回がはじめてという中、「全米オープンを制した新女王の躍動美、そして20歳の女性のナチュラルな健康美をストレートに撮る」というコンセプトのもと、タイトなスケジュールで撮影が行われた。

“スポーツミックス”をテーマにしたスタイリングは大坂なおみの健康的な美しさを存分に引き出し、彼女のフレッシュな魅力が誌面を通して伝わってくる。

大坂なおみ選手のこれまでのファッションをプレイバック!

コートの上だけでなく、180cmの長身と美しく健康的なプロポ―ションで着こなす彼女のファッションにも注目が集まっている。

公の場でのエレガントなドレスアップ姿、オフの“20歳らしい”カジュアルなファッションを彼女のインスタグラムから振り返ってみよう。

ディナーにはミニワンピ×ジャケット

View this post on Instagram

🍽🤗❤️

A post shared by Naomi Osaka 大坂なおみ (@naomiosakatennis) on

レストランでのディナーには、若々しいミニワンピースにきちんと感のあるライダース調のジャケットをセレクト。モノトーンカラーでシックなコーディネートに。

クラッシュデニムでリラックス感のある着こなし

View this post on Instagram

🤳

A post shared by Naomi Osaka 大坂なおみ (@naomiosakatennis) on

パリの凱旋門前で、クラッシュデニム&ショートトップスというリラックス感のあるコーディネートを披露。今時の20歳らしい親近感のあるスタイル。ハイウエストボトム×ショートトップスでスタイルアップ効果も抜群!

華やかな「SACAI(サカイ)」のワンピース姿

View this post on Instagram

💃🏽

A post shared by Naomi Osaka 大坂なおみ (@naomiosakatennis) on

日本を代表するファッションブランドであり、セレブの愛用者も多い「SACAI(サカイ)」の2018SSコレクション、華やかなブルーのワンピース姿を披露。大胆な花柄とビビッドなブルーが彼女の美しい褐色の肌にマッチしている。リップはレッドをチョイスしてよりドレッシーな雰囲気に。

ミニワンピースで引き締まった美脚を披露

2018年8月から「Citizen(シチズン)」のブランドアンバサダーに就任した大坂なおみ、その発表時の一枚。ネイビー×ホワイトの爽やかなミニワンピースからのぞく引き締まった美脚もポイント。ちなみに「シチズン」からは、大坂なおみが試合中に着用していたモデル「エコ・ドライブBluetooth 」が発売されている。

最高に美しい「コムデギャルソン」のドレス姿

全米オープン決勝から一夜明けた現地時間9月9日、ニューヨークのロックフェラーセンターで行われた優勝者フォトセッションには、優勝トロフィーと共に「COMME DES GARCON(コムデギャルソン)」の白いドレスを纏って現れた。試合中のラッキーアイテムとして決勝戦でも身につけていたパールのピアスと合わせ、エレガントな姿を披露。自身が投稿したインスタグラムのキャプションでは、コムデギャルソン インターナショナル最高経営責任者のエイドリアン・ジョフィとデザイナーの川久保玲に対し「最高のドレスとサポートをありがとう」と述べた。

赤リップの似合うセクシーな着こなし

View this post on Instagram

Happy kid 😊

A post shared by Naomi Osaka 大坂なおみ (@naomiosakatennis) on

ベアトップドレスにラフなアウターをあわせた、リラックス感がありながらもセクシーなスタイル。ナチュラルなアップヘアとリップにポイントをおいたメイクも、ヘルシーなセクシーさを引き立たせている。

プレースタイルはもちろん、コート外でも注目を集める大坂なおみ。今年21歳になる彼女が、今後どのような選手に、またどのようなファッショニスタに成長していくのか、今後も目が離せない。