Netflix(ネットフリックス)で今月末から放映が開始される、オムニバス形式のドキュメンタリーTVシリーズ「7 Days Out(英題 セブン デイズ アウト)」。

同シリーズ内のファッションにフューチャーした回では、CHANEL(シャネル)の舞台裏に迫るとのことで、放映前から早くも話題になっている。様々な番組をオンラインで気軽に視聴することが出来る時代になっている今、ネットフリックスで知ることが出来る、ファッションの過去と今とこれからとは?

イギリスのファッションの歴史を作った一人、革新的な創業者の半生

Mr Selfridge(英題 ミスター セルフリッジ)」は、1909年から現在まで、イギリスが誇る高級デパートのSelfridges(セルフリッジズ)の創業者であるHarry Gordon Selfridge(ハリー・ゴードン・セルフリッジ)の半生を描いたドラマシリーズだ。アメリカ人実業家のハリーがイギリスへ移住し、ロンドンで高級デパートを開業、当時としては斬新なプロモーションや経営方針で、事業を成功させていくというストーリーだ。セレブリティを使った広告宣伝を試みたり、エンターテイメント要素が強いショーのような楽しさをデパートに持ち込んだマーケティングは、当時の人々を驚かせ、今でもそのビジョンは引き継がれている。

現在、セルフリッジズはロンドンのオックスフォード・ストリートに旗艦店を構える、イギリス国内では、老舗デパートであるハロッズに次ぐ、人気高級デパートである。セルフリッジズと言えば、トレンド感度の高いセレクトに定評があるが、創業時から革新的な方法で事業を成功させてきただけに、いつも新しい試みが魅力となっている。

最近では、メンズのニューデザイナーズストリートウエアのローンチを記念し、館内にスケートボード場を設置し、話題になったばかりだ。ドラマは、ハリーやその家族、彼をとりまく人々を中心にストーリーが展開されていき、その人間模様にも見応えがある。その他にも、イギリス屈指の人気高級デパートの歴史や、100年前のファッションの最新トレンドスタイルを知ることが出来るのは必見だ。

最新で最高のファッションが出来る、その1週間前に起こっていること

セブン デイズ アウト」は冒頭でも挙げた通り、シャネルのランウェイの舞台裏に迫ったドキュメンタリー番組だ。

カール・ラガーフェルドが2018年春夏オートクチュールのショーの最終準備を行っている、1週間前の様子を紹介。監督には、「メットガラ ドレスをまとった美術館」で知られるアンドリュー・ロッシが抜擢されており、彼の実績からカール・ラガーフェルドも今回の撮影を了承したと言われている。

今まで謎のベールに包まれていた、スタジオからシャネルのオートクチュールとメティエダールのアトリエ、カール・ラガーフェルドへのインタビューも交え、カメラが潜入。世界が羨望する有名メゾンのショーの直前に何が起こっていたかを監督自身も肌で感じることが出来たという、緊張感と臨場感が溢れる内容になっている。面白いのは、今回ネットフリックスで放映されるドキュメンタリーにシャネルが協力したという事実だ。誰もが気になる、世界で最も有名なメゾンと呼ばれるシャネルの最新の裏側までを、オンライン番組で確認出来るようになった、まさにファッションの新時代が訪れたのである。

現状を知り理解することが、ファッションのこれからを変えていく

〜真の代償〜」とは、ファストファッションなどの値段の安い洋服を作る発展途上国の労働者たちの状況や、その環境に迫ったドキュメンタリー映画である。ファッションの多様性が認められるようになった昨今で、ファストファッションの出現は、その発展に十分関わっていると言われている。お金をかけずに、気軽に流行のファッションを楽しめるようになった一方、その洋服たちを生産しているほとんどは、バングラデシュ、カンボジアなどの発展途上国と呼ばれている国々の人々だ。

その労働環境は劣悪な場合が多く、過酷で低賃金の状況の中、貧困に苦しむ縫製労働者たちが汗水を流し、毎日働いている。華やかに見えるファッション業界の裏側で起こっている事実は、悲しく過酷な現実なのである。実際にこの事実に気づき、改善をしていこうという動きもファッション界の中で広まりつつあり、その動きは、映画内でのパタゴニアの副社長や、ステラ・マッカートニーなどのインタビューからも伺えるようになっている。

作り手側、買い手側の意識を少し変えるだけで、世界を救うことが出来るのではないだろうかという潜在意識に迫った、興味深い内容となっている。映画を通し、現状を知り、理解を深めることで、ファッションのこれからを変えていけるのだと気付かされる。

このように、ネットフリックスでは様々な角度や年代から、ファッションについて知ることが出来る。過去、現在、未来を知ることは、ファッションだけでなく、これからの生活や人々を変えるきっかけになりうるに違いない。オンラインで様々な番組や映画を気軽に見ることが出来るようになった時代だからこそ、改めてファッションについて知識や理解を深めてみるのも良いのかもしれない。