https://www.facebook.com/katvond/photos/a.10150126087930454/10159809138115454/

日本ではまだまだ否定的な意見があるものの、海外では若者を中心に一般的になりつつあるタトゥー。

当然、腕の良い彫り師の注目も高くなる。今回は、彼らの施術を受けるためなら国さえも越えてファンが集まるほどの超人気タトゥーアーティスト達を厳選して紹介する。

キース ‘バン・バン’ マッカーディー Keith “Bang Bang” McCurdy

View this post on Instagram

We feel the love. Thank you ❤️

A post shared by Bang Bang Tattoo (@bangbangnyc) on

1985年11月28日生まれ、ニューヨークで活躍する通称Bang BangことKeith McCurdy。彼は特にセレブリティからの支持が高い、今最も旬のタトゥーアーティストの一人だ。

2004年に個人的にタトゥーの練習を始め、翌年からプロの彫り師として働き始めた。以降は走行中の飛行機の中でジャスティン・ビーバーに、屋根の上でカーラ・デルヴィーニュに、美術館のストックルームの中でケイティー・ペリーに…などなど、場所と状況を問わずに仕事をこなしている。彼が初めて担当したセレブリティはリアーナで、2007年以降長年に渡り彼女のタトゥーを施している。もちろんセレブリティ以外からの人気も高く、98%は一般人の顧客だそう。スタジオ「Bang Bang」の経営者。

スタジオ公式ウェブサイト http://www.bangbangforever.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/bangbangnyc/

ジョナタン ‘ジョイ・ボーイ’ ヴァレナ Jonathan “JonBoy” Valena

View this post on Instagram

feliz Aniversário @haileybieber 🖤jb

A post shared by c/s ∴jon✞boy∴ p/v (@jonboytattoo) on

ニューヨークを拠点に活動する通称JonBoyことJonathan Valenaは、洗練されたワンポイントタトゥーの達人だ。

先述したKeith McCurdyの経営する「Bang Bang」で勤務しており、担当したセレブリティはケンダル・ジェンナー、トラビス・スコット、ゼイン・マリクなど。ヘイリー&ジャスティン・ビーバー夫妻も彼の顧客である。小さめタトゥーを入れたい人や、タトゥー初心者からの支持が高い。ちなみにヘイリーにとって初めてのタトゥーを施したのもJonBoyである。

公式ウェブサイト https://jonboytattoo.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/jonboytattoo/

ケイト・フォン・ディー Kat Von D

1982年3月8日生まれのアメリカ人セレブリティ。タトゥーアーティストだけではなく、モデル、音楽家、実業家としても活躍している。自身の名を冠したヴィーガン対応の化粧品ブランドも評判だ。

14歳で初めてのタトゥーを入れ、16歳の時にプロの彫り師になるために学校を退学した。リアリティー番組「Miami Ink」に出演後、彼女が経営するタトゥースタジオ「High Voltage Tattoo」を舞台にしたテレビ番組「LA Ink」が制作された。セクシーなゴシック系のスタイル特徴で、私生活では最近母親になったばかり。現在は殺到した予約客の対応に追われているため、彼女宛の新規受付は停止しているが、人気彫り師ゆえに再開を待ちわびるファンは多い。

スタジオ公式ウェブサイト http://www.highvoltagetattoo.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/thekatvond/

ヘンク・スヒィッフマッグァー Henk Schiffmacher

View this post on Instagram

Lunchtime haha!#barackbeachbali#louiseschiffmacher

A post shared by Henk Schiffmacher (@tattoomuseum) on

1952年3月22日生まれ、アムステルダムを拠点に活動するオランダ人タトゥーアーティスト。Hanky Pankyの名で知られている。70年代初めまではフォトグラファーなど様々な職を転々としていたが、旅行中にタトゥーの魅力に引き込まれ、旅行後にタトゥーアーティストへの道へと進んだ。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズやパール・ジャム、カート・コバーンなどロックミュージシャンの顧客が多い。並外れた芸術的才能と豊富なタトゥーの知識が評価され、自身作の絵画が美術館に展示されたり、展示会の企画を担当したりと、彫り師の域を超えて活躍している。娘のMorrisonも彫り師になり、親子でタトゥースタジオ「Tattooing」を経営している。

スタジオ公式ウェブサイト https://www.tattooing.nl/

インスタグラム https://www.instagram.com/tattoomuseum/

グレース・ニュートラル Grace Neutral

1989年3月29日生まれ、ロンドンで活動する女性タトゥーアーティスト。ドバイで生まれ、幼少期は家族と共に世界中を転々としていたそう。数々の身体改造を施していることでも有名で、全身のタトゥーはもちろん、紫の白目やスプリット・タン、尖った耳などインパクトのある見た目の持ち主だ。

彼女は手彫りで施術を行っており、上品なデザインは女性客からの人気も高い。モデルやタレントとしても活動しており、I-Dマガジンのドキュメンタリー番組「Beyond Beaut」の制作にも携わっている。スタジオ「Femme Fatale」に勤務中。

インスタグラム https://www.instagram.com/graceneutral/

イナル・ベルセコフ Inal Bersekov

ベルギー/ロシア人タトゥーアティスト。2013年からタトゥーの施術を始めた。ベルギーを中心にヨーロッパに拠点を置いているが、頻繁に世界中へ出向いて施術を行っている。細部にまで繊密に書き込まれた、白黒写真と見紛うリアルなタトゥーはため息もの。人物の似顔絵や映画の名シーンをタトゥーで再現させたら右に出る者はいないだろう。カナダ人ラッパーのDrakeもお気に入りの彫り師だそう。

インスタグラム https://www.instagram.com/inalbersekov

 


 

上記で紹介した以外にも、日本人の彫り師では三代目彫よしこと中野義仁氏や、米国に拠点を置くYoji Haradaこと原田洋二郎氏も世界的に有名だ。

世界的に名の知られたトップアーティストは、数か月後まで予約が埋まっていることも珍しくはない。タトゥーは一生ものだからこそ、いくら待ってでも一流の彫り師にお願いする価値はありそうだ。