新年早々、今月の1月5日から7日にかけてメンズ・ロンドン・ファッションウィークが開催された。今年も早くから、2019-20年秋冬コレクションに向けてのファッションウィークが始まったようだ。昨年からリカルド・テッシュをチーフディレクターとして起用しているバーバリーなど、注目するブリティッシュブランド数々がロンドンでメンズの新しいコレクションを発表した。

華やかなファッションウィークが次々と展開して行く裏、実はメンズ・ロンドン・ファッションウィークで最も注目するべきなのは、著名なバイヤーやセレブたち、来場者のストリートファッションである。

音楽やサブカルチャーが常に最新のトレンドを世界的に発信しているロンドンでは、パリやニューヨークでは見られない、奇抜で斬新なファッショニスタたちのスタイルが次なる流行の参考にされている。今年はいったいどんな来場者のスタイルが注目されているのか。ロンドンの旬な話題をお届けする。

The real runway is outside.

(Esquire)

 

オレンジ、オレンジ、イエロー、イエロー

今回のメンズ・ロンドン・ファッションウィークで、特に目立ったストリートスタイルはヴィヴィッドカラーをポイントに使った着こなしだ。さすがロンドン、おしゃれなファッショニスタたちはフォーマルやカジュアルな着こなしでも、オリジナルカラーを取り入れ個性を主張する。

ヴィヴィッドカラーのインナーや、小物でアクセントを取り入れるテクニックが、ロンドンらしいポップでファンシーな雰囲気を醸し出す。

特に、今回のストリートスタイルから読み取れる今年の注目カラーは、オレンジやイエロー系の暖色。以外と誰でも簡単に日常スタイルに取り入れやすいコーディネーションなので、ぜひとも今後のワードローブに取り入れたいカラーだ。従来のグレーや黒一色のロンドンスタイルが、今年はより楽しく明るくなった。

布製ハットを上手に活用

ロンドン、上級者のストリートスタイルで特に今回目立ったのは「布製ハット」だ。

ロンドンのファッションと言ったら、ハンチングやキャスケット、中折れ帽を取り入れたクールでフォーマルなプチロックスタイルが連想されやすい。従来のスタイルから今回はまた打って変わり、今年の来場者たちは小物使いをさらに前進させた。登山やキャンプなど、普段ならレジャー向きのサファリハットを、大胆にも大都会ロンドンのファッションウィークでおしゃれに着こなすファッショニスタたち。カジュアル感を最先端の都会的ファッションへ変換する上級者のスーパートレンディな着こなしは、まさにロンドンスタイルらしいと言えるだろう。今後の最新スタイルにぜひとも取り入れてみたい着こなし術の一つだ。

キーポイントは首回り!

ロンドンの今年1月と言う非常に寒い時期、ファッショニスタたち首回りをどうおしゃれに着こなしたのか。ファッションウィーク来場者の寒さをしのぐテクニックもまた見逃せなかった。

-タートルネックがハイセンス

タートルネックのスマートな着こなしが今回目立ったロンドン。フォーマルなスーツやかっちりとしたトレンチコートの中に、首回りをフィットさせたタートルネックを取り入れる。ロンドン流のハイセンスで渋いスタイルを際立たせる今年注目のアイテムの一つだ。

-ストールの巻き方はロンドンで学べ

ストールやマフラーをダラっと少し長めに巻いたスタイルが今年の流行。小物でオーバースタイル感を出す上級者のテクニックだ。色は白がより大人っぽいらしい。

-フードの重ね着が斬新

今年の来場者の中では、ロンドンのストリートスタイルらしく、カジュアルなフード付きのストリートファッションが目立った。特に、フードを2重に重ね着したダブルフードの着こなし方と、フードとキャップを重ね着した上級者らしいコンビネーションがかなり斬新で印象的。

ロンドンスタイル定番、チェック地の取り入れ方を参考に

ロンドンファッションの定番、チェック地のアイテムを取り入れたスタイルも毎回ながら見逃せなかった。今年もメンズ・ロンドン・ファッションウィークの来場者にはチェック一色を着こなすハイスタイルが登場した。

チェック地のジャンプスーツやコート、ピンポイント使いなど、今回も一際違いを見せるチェック使いが参考になる。チェック地の色は、モノトーンやベージュ系などあっさりしたものが使いやすいようだが、今年はやはりヴィヴィッドなイエロー系が旬なテイストらしい。

旬な話題のメンズ・ロンドン・ファッションウィーク。ロンドンの新鮮なストリートスタイルが今後の着こなしの参考になる。

また、今後もミラノ、パリそして来月のレディース・コレクションの発表と、ファッショニスタのスケジュールはこれからもハードだ。やはり新鮮なファッションの話題は、常に私たちの心をワクワクさせてくれる。今年もファッションウィークはいったいどう展開して行くのか。