https://www.glamour.com/gallery/most-popular-haircuts

春に向けてどんなヘアスタイルにするかウキウキする季節。

2018年秋冬は、ボブより少し長い髪型”ロブ(Lobs)”が流行っていたが、2019年は新しいシャギ―(Shags)とカーテンの様な前髪(Curtain Bangs)がグレードアップしてかえってきた!

サンフランシスコの大人気ヘアサロンSpoke & Wealのオーナーのジョン・レイマンが、『GLAMOUR』の取材で2019年のトレンドを以下の様に語っている。

“Cool is more important than ‘sexy’ right now. Or rather, cool is the new sexy.”

「カッコいいは、今セクシーより大切だ。むしろ、カッコいいは新しいセクシーなんだ。」

アメリカの地域別、カッコ良くて人気のヘア・スタイルをご紹介。

https://www.glamour.com/gallery/most-popular-haircuts

 

ロサンゼルスのサロンNine Zero Oneでは、マーメイド・シャギ―が大注目。マーメイドのように長さを残しながら、シャギ―にウエーブを入れる事でよりラフ感を出している。どこかロックスターのバイブをいれたクールなスタイル。

*シカゴではLog shagsといってロングではなく、短めのシャギ―が流行っている。

https://www.glamour.com/gallery/most-popular-haircuts

カーテンの様な前髪(Curtain Bangs)とは、前髪の再度が少し長めで、カーテンのように、ただ流すだけのメンテナンスがほぼ必要ないというのが魅了。

気取ってないラフ感がよりクールで、セットに時間が掛からない。ニューヨークのCutler Salonのスタイリストのエミリーさんは、「Curtain Bangsは長さもあるため、時にはアイロンでカールにしたり、前髪を後ろでピンで止めたり、どんなシチュエーションでも融通が利く。」とも『GLAMOUR』の取材で話している。

https://www.glamour.com/gallery/most-popular-haircuts

 

サンフランシスコでは、クールさを最大限に取り入れた”鋭いボブ”が人気のようだ。アメリカでセクシーが一番の褒め言葉ではないかと思うほど、誰もがとにかくセクシー(色っぽさ)を目指していた。

しかし今年は、カッコ良さがあのセクシーを超えて、女性のクールさ、カッコよさが何よりも注目されている。

https://www.glamour.com/gallery/most-popular-haircuts

ボストンでは、アシンメトリーのアンダーカット。アシンメトリーの短い方の髪の毛を短く切り落とすスタイルで、男性にも人気が高く、髪に尺度を変えて、動きを楽しむスタイル。

ニューヨークでもDramatic Pixieと言って、ダイナミックな妖精のようなベリーショートが流行っている。イメージチェンジに、クールさを出し大胆に髪の毛をベリーショートに切る女性が多いようだ。

https://hairstyleonpoint.com/29-ways-to-style-a-lob-haircut/

マイアミ、シアトル、オースティンでは、ロブにビーチ―ウェイブを掛けたスタイルが、まだまだ人気が高い。どんな髪質でも長さでも挑戦できるスタイルで、カジュアルでラフ感がカワイイ。Beachy Wavesとは、ロサンゼルスのビーチをイメージしたカールで、従来もモノより、やり過ぎた感がない柔らかい海の波のようなウェーブが2019年も続けて流行っている。

https://camillestyles.com/style/how-to-do-a-runway-perfect-slicked-back-ponytail/

 

左上:Beachy Waves/右上:Extremely High Ponytailといって、頭の上でポニーテール・スタイルも2019年INだ。

自分らしいヘアスタイルをするのが一番だが、2019年の春に向けて少しでもイメージチェンジを考えるなら、ぜひ参考にして欲しい。

 

Total
1
Shares