https://womentainment.com/sex-education-review-netflix-season-1/

アメリカの映画&ドラマ評価サイトRotten Tomatoesで、91%を獲得したティーンドラマ。大人でもついハマってしまう、Netflixのイギリスが舞台のドラマ『セックス・エデュケーション』

作品はこちらから:https://www.netflix.com/jp/title/80197526

https://www.netflix.com/us-ja/title/80197526

童貞のセックス・カウンセラー

主人公のオーティスはまだ童貞の高校生。しかし、自宅で性のカウンセラーとして働いている母親の影響からオーティスはまだ童貞ながら性に関して豊富な知識を蓄えていく。ある日、学校でセックスに悩んでいる人の悩みを取り除き、それを見ていた学校で一番クールな女子メイヴが、「ビジネスを始めよう」と持ち掛ける。メイヴがセックスに悩んでいる友達を探し、オーティスが相談に乗るというビジネスだった。思った以上に性に悩んでいるティーンが多く、たちまち一目置かれる存在になっていくさまがユーモアたっぷりに描かれている。

このドラマの見どころは、多くの人がセックスに興味があり、誰もが自身のセックスに何らかの悩みや疑問がある中で、実際セックスは人間関係の問題や自分自身の問題に耳を向ける事が必要だと、意外と深い内容で大人も学ぶことが多い。実際このドラマでは、プレッシャーを感じている人や、ゲイ、レズ、親子関係の問題など様々な人間関係の問題をセックス・カウンセラーの視点で解決していく。

ティーンだけでなく、カップルでも夫婦でも、ティーンの子どもがいる親にも見て欲しい。セックスの話は、あまり誰にでも出来る相談/話題ではないため、間違った情報を信じてしまったり、問題を抱えたまま解決できず、大切な人を失ってしまう事も。コメディーも交えたドラマで、様々な問題を乗り越えるティーンの姿に、心が温まる作品だ。

https://www.pride.com/tv/2019/2/01/netflixs-sex-education-just-got-renewed-season-2

個性が豊かすぎるスタイリッシュな生徒達に注目

このドラマを見ると、制服もない高校なので、生徒の自由すぎる洋服や髪型、アクセサリーに驚く人もいると思う。日本の高校生との一番の違いは、個性と自由の豊かさだろう。スカートは短すぎない、服装の色の指定までされている学校もあるが、基本的に日本より自由だ。背景には多民族国家の学校では、毎日お祈りする生徒、特別な食事を取る生徒、習慣、食べ物を始め、髪の色や肌の色、洋服も本当に様々だと言う事。

性別的には男でも、「私は心が女なので、呼ぶときは”彼”ではなく’彼女’と呼んで」と言う生徒もいるほど、性別・国籍関係なく自分は自分で、それを主張する。もちろん、その”珍しい事”で、いじめられる事もあるが、周りにも個性豊かな人が多すぎて、その違いを受け入れる環境がある。

主人公オーティスの大親友エリックは、ゲイでとにかくオシャレが大好き。毎回スタイリッシュな出で立ちで登場し、そのファッションと人生で色々と悩みを抱えながらもポジティブな姿勢に、このドラマのキャストで一番人気のキャラクター。

https://www.popsugar.com/entertainment/Funny-Memes-Tweets-About-Eric-Netflix-Sex-Education-45703556

メイヴは、学校で一番クールな女子、髪の毛の毛先がピンクでロック系のファッション。読書が大好きで才能があり、メイヴ役のエマ・マッキーは実際にこのドラマをきっかけに、SNSのフォロワー数が激増している。

他の生徒も、ヴィンテージ、ラグジュアリーブランド、ダッパースタイルなど様々なアウトルックを楽しめる。

https://www.netflix.com/us-id/title/80197526

異例の速さでシーズン2が決定。

そんな、『セックス・エデュケーション(シーズン1)』は人気が高く、異例の速さでシーズン2が決定した。

シーズン2は全8話で、今春イギリスで撮影が開始する予定。主人公オーティス、母親ジーンをはじめ、オーティスにビジネスを持ちかける学校一クールな“バッドガール”メイヴや、その親友でゲイのエリックら、シーズン1の主要キャストがそろって続投するそうだ。

作品はこちらから:https://www.netflix.com/jp/title/80197526