踊Foot Worksが2nd Album『GOKOH』を発売! 「今やりたいことを素直にそのままできた」

2019年ブレイク間違いなしのHipHopグループ踊Foot Worksが、4月24日にセカンドアルバム『GOKOH』を発売。前回のインタビューでは、今作に対し絶対的自信を語った彼ら。そこで今回、ファン待望の1年ぶりとなるアルバムの見どころを伺った。

 

―踊Foot Works1年ぶりのフルアルバム発売となりました。まず始めに、具体的にいつ頃からアルバムの楽曲制作を開始し、今回への発売へと至ったのか教えて下さい。

Pecori:構想は前作を作っている最中には出来つつあり、前作がリリースされる前からコツコツ制作はしてました。

Fanamo’:illicit tsuboiさんにミックスをお願いしたいというのは元々決まっていて、それを目掛けて今年の年明け位まで制作していったという流れです。

Tondenhey:でも結果、納期の一ヶ月前くらいから怒涛の仕上げをした感じがあります。

SanBalkan:前作もとても良い作品になりましたが、できあがったタイミングで“これを更新できる”という自信がありました。

 

―ファーストアルバム『odd foot works』も発売後、大変な話題を呼んだと思うのですが、前回よりも大きく進化したと思う点はどのようなところでしょうか?

Pecori:サウンドは前作より”引き算”や、展開の構想など、今やりたいことを素直にそのまま出来たので、かなりフレッシュ。リリックは前作同様、”踊Foot Worksの世界”という空想はベースに残しながらも、時空の歪みから生じる真実というイメージの元、前作よりかなり叙情的なリリックにしました。

Fanamo’:前作からの1年は割と地に足の着いた活動が出来ていたと思うので、それもサウンド全般に反映出来ていると思います。ただ、ジャンルに囚われずに自分達が吸収したものを踊Foot Worksのフィルターを通してアウトプットするというのは前作から変わっていないです。

Tondenhey:僕は今回、アルバムの7,8割くらいのトラックを作っているのですが、作るにも聴くにもミニマルに飽きていたのでちゃんとマキシマルが感じられるものにしました。

SanBalkan:あまり具体的には、進化した点は分からないです。でも、音楽を作る上でのそれぞれの選択肢、可能性が確実に広がっていて、今までとは思いもよらない作品になったんじゃないかなって思います。特に、Pecoriのラップ、リリックは確実に進化していて、今までと同じ世界観の延長戦にあるにも関わらず、より聴く人の解釈の選択肢が増え、“何もないようで何かがある”ようなパワーが強く現れていると思います。

 

―『SEASONS』は、Pecoriさんだけでなくメンバー全員が歌っている曲になったと思いますが、こちらの曲に関してどのように制作し完成した曲か教えて下さい。

Fanamo’:Pecoriが発案してくれたので、それに沿って各々の自宅で歌入れをしました。

Pecori:俺はバンドであるこだわりが無いので、かなり自然な流れで、4人歌ってる曲が欲しいなと思ってトラックを投げました。タイトル通り、歌唱することで見える4人の色が出ているんじゃないですかね。

Tondenhey:みんな良い声をしてるので、マイクリレーが一個あっても面白い。楽しみにしてたサンバルカンのラップがやっぱり最高でした。

SanBalkan:前作の『時をBABEL』という曲も、みんながラップをする曲だったのですが、僕だけバースにも参加していなかったんですよ。けど今作は、ほぼ無理やり入れられて(笑) 抵抗はあったのですが、結果歌入れに参加出来て良かったと思っています。

―曲によって、リリックを書く人、歌う人等担当が変化するのも踊Foot Worksの魅力だと思います。メンバーの方々それぞれの制作にあたり一番想い入れのある曲、その曲の特に聴いて欲しいポイントに関して教えて下さい。

Pecori:『PRIVATE FUTURE』は、前作収録の『Bebop Kagefumi』同様、未来をテーマにしてますが、タイトル通り、より叙情的な未来像を描いてます。展開後のバース「カモメが飛んだ」は、全員で叫んで欲しいですね。渡辺真知子さん以来のカモメ飛ばし曲になればと思っています(笑)

Tondenhey:『GIRAGIRA NEON』では、久しぶりにリリックを書きました。友人に向けた歌詞ですが、色んな人に響いたら良いなと思っています。

SanBalkan:僕が作った曲ではないのですが、『NEASE』です。荒くも力強くベースを入れました。他の曲はゆっくり構築してベースを組んでいるのですが、この曲はデモを頭に入れて比較的少ないテイクで、冷めないようパックしています。ベースのフレーズが、ここまで曲のイメージに影響を与えられるということを感じてくれると嬉しいです。

Fanamo’:結構ピンポイントなんですけど、『Helagi』後半のアフリカ系のコーラスと、『SEASONS』の「あいつの噛んだ歯型のFrisbee」というリリックは、僕的に是非ともチェックして聴いて欲しいです。

 

―前回の取材では、オカモトレイジさんとのコラボ曲『GOKOH』に関して、コラボした経緯をお伺いしましたが、アルバムではAAAMYYYさんとのコラボ曲『髭と紺』も発表していると思います。こちらに関しても、制作に至るまでの経緯と曲の見どころをお伺いできますでしょうか?

Tondenhey:踊Foot Works結成初期から色んな機会でお会いしているし、僕の場合はAAAMYYYのサポートギターも弾かせてもらっていて。誘ってみたら、二つ返事でオッケーをもらいました。

SanBalkan:アルバムの中に一曲は、女性シンガーを入れたいという意見があって、AAAMYYYは候補に出てすぐ決まりましたね。冷たくて透明な声を持っているはずなのに、とても女性らしく暖かい、人間らしさを生み出している不思議な存在だと個人的には思っています。それが『髪と紺』にハマって良い作品になりました。

Pecori:声も曲も人間としても大好きな方。俺が仮で入れたフックを歌って貰ったんですが、彼女が歌うだけでこんなに違う曲になるのかと驚きました(笑)

Fanamo’:初ライブや1周年など節目の時にAAAMYYYはなぜかいつも関わってくれていて、バンドとしてスピリチュアルな縁を感じています。

 

―『HELAGI』から『VIRTUAL DANCER』のように、下げてから一気に上げていくような流れのある曲順が大変印象的です。今回のアルバムの曲順に関してこだわったポイントを教えて下さい。

Tondenhey:曲が出来る前段階から、Pecoriが並べていた曲順です。

Pecori:デモが2.3曲しかない状態で、既にトラックリストは組んでました。

SanBalkan: 何よりも早く曲順ができたんですよね。これは本当にミラクルなのですが、ベストな曲順になりました。

Fanamo’:僕的には、トラックリストが曲を作ったというところも、少しあるんじゃないかなと思っています。

 

―最後にアルバム発売にあたり、ファンの方々にメッセージをお願いします。

Tondenhey:言葉にもサウンドにも踊Foot Works全員の、奇想天外なアイデアが詰まってます。時代的にもトラックに目が向いて良いフェーズに入っていくと思うので、耳を凝らして楽しんで欲しいなと思ってます。

SanBalkan:聴けばわかります。何度も聴けば更に、どこまでも魅力が見つかる作品です。

Pecori:より多くの人に聞いてもらうことに価値があるので、良いと思ったら素直に広めてくれると嬉しいですね。

Fanamo’:理屈抜きの感覚で楽しでくれたらと思います。来月にはワンマンライブも控えているので、是非遊びに来て下さい。

踊Foot Works(オド フットワークス)

Pecori(rap)、Tondenhey(guitar)、Fanamo'(chorus)の3人により、2016年12月に始動。2017年5月にサポートメンバーだったSunBalkan(bass)が正式加入。耳の早いリスナーのみならず多くのアーティストからも注目を集め、4月24日(水)にセカンドフルアルバム『GOKOH』をリリース。5月にはワンマンライブ開催も予定している。

HP:oddfootworks.com

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >