https://www.refinery29.com/en-us/2018/07/202639/tracy-sun-poshmark-women-entrepreneur

今アメリカのファッション業界で一躍話題を浴びているビジネス・ウーマンのトレイシー・サンをご存じだろうか。

2011年に設立されたフリマ・アプリPoshmarkの共同創立者&副社長を務めるトレイシー・サンは、ファッション業界で最も影響を与える人”BOF500”にも選ばれ今大注目。ファッション業界で分析や研究、マーケティングなどの分野で活躍し、何より彼女のユニークなバックグランドとアジア系女性管理職者として多く女性が憧れる彼女の魅力に迫りたい。

https://www.businessoffashion.com/community/people/tracy-sun

脳神経外科医になるつもりだったが彼女がシリコンバレーでスタート・アップの道へ

トレイシー・サン(Tracy Sun)は、マレーシアのクアラ・ルンプルで生まれニューヨーク育ちの現在38歳。 実はコロンビア大学で、生物学と心理学を専攻し将来は脳神経外科になるだろうと思っていたという。大学卒業後はMBAも取得するという、スーパー・ウーマンなのだ。卒業後はメディカル・クリニックで働くものの、その後はブルックリンにある夫婦が経営するファッション関係の 会社で、ビジネス戦略のポジションでインターンを経験し、彼女のキャリアは一転した。夫婦が営む小さな会社だったため、彼女はビジネス戦略だけではなくマーケティングや事務作業と幅広く携われたという。

その後2011年にカリフォルニア州シリコンバレーで他のメンバーと共に、ファションの転売プラットフォームPoshmarkを設立。共同創設者兼、マーチャンダイジングの副社長として、現在は会社以外でもキャリアアップの指導などでも活躍している。トレイシー・サンは、USA Todayで「テック(テクノロジー)でトップの女性創立者」と取り上げられ、他のメディアでも、「テック界で、大注目の女性」として注目を浴びている。

https://hans.vc/why-we-invested-in-poshmark/slide3/

アメリカで人気急上昇中Poshmarkのフリマ・アプリは、どこが他と違うのか

日本発のメリカリは、アメリカでも Mericariとして人気が高く、他にもletgoやOfferUpなどフリマ・アプリが存在する。そんな中、Poshmarkの最大の特徴はソーシャルメディアに近く、プロフィールが充実していて、ネットワーク内の友達や家族同士で売り買いも出来るため、より安心して購入できる。知らない人でも自分の好きなタイプの出展者をフォローする事も出来るため、インスタグラムとフリマが合わさった感じである。他のアプリと比べ圧倒的にファションに特化した女性向けのアプリ。好きなブランドやスタイルでネットワークを広げられるため、自分の欲しいモノが見つけやすい。一方送料は他のアプリより高い場合が多いため、とにかく安くアイテムを購入したい人には、他のアプリをお勧めする。

http://campfire-capital.com/retail-innovation/sales-channel-innovation/tracy-sun-mobile-everything/

女性のキャリアはファッションになる?

女性が社長、弁護士、医者などと言うと、引く男性が多かったのはもう昔。女性の社会進出は益々広がり、女性は益々キャリア・アップを望んでいる。あのお騒がせセレブのキム・カーダシアンが今弁護士を目指しているのはニュースで大きく報じられた。彼女は、2022年の刑法弁護士になるための試験を受ける予定で、既にサンフランシスコにある弁護士事務所で4年間の実習を始めたよう。そして現在DJとしても活躍するパリス・ヒルトンも数年前から、声を低くして話すようになった事で話題を浴び、「私はただのバカなセレブじゃない。昔は役作りのために声も高くしてバカを演じていたけど、今は立派なビジネス・ウーマンなの。」と低い声で語っていた。

そうこれからは、キャリアはカッコいい女性の象徴として、フォロワー(支持)を増やす鍵となる。トレイシー・サンも学歴とキャリアで注目を浴びた女性の一人。彼女は小さなころからお父さんに、「医者でもセレブでもなりたいモノになるべき。ただ、どうぜなるならそれを極めろ。」と言われていたという。彼女は現在、Poshmarkに関係のある膨大なデータを毎日扱い、情報分析をして新しいマーケティングを考案している、テック&ファッション界のトップ経営者の一人。男性ばかりだったテックのシリコンバレーで成功した女性として、決して気取る事のないトレイシーは、アメリカを始め多くの女性の憧れとなった。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >