世界的な人気DJであり、トランスジェンダーの女性としてもセクシーかつパワフルに活躍する Honey Dijon(ハニー・ディジョン 音楽業界だけでなく、ファッション業界との繋がりも深く、過去にはルイ・ヴィトンなどメゾンのショー音楽をプロデュースした他、昨年にはディオールのアフターパーティーにおけるDJで日本に来日した経歴も。 

今、世界中から注目が集まる、トランス界のクイーンに降臨するハニー・ディジョンの魅力とその正体とは? 

シカゴ、ニューヨーク、ベルリン。ハニー・ディジョンの音楽を作った街 

ハニー・ディジョンといえば、世界一と称されるベルリンの伝説的クラブBerghain(ベルグハイン)のレジデントDJを長期に渡り務めるほど、その人気と実力は世界レベルだ。 

そんな彼女は、ハウスミュージックの本拠地、アメリカ・シカゴ出身であり音楽に精通する家族の元に育ち、10代半ばからアンダーグラウンドパーティーでのDJキャリアをスタートした。 持ち前のセンスはもちろんのこと、シカゴという土地は、早くから彼女の卓越した音楽スタイルと独自のテイストを形成し、その才能を開花させていった。 次にニューヨークに拠点を移した彼女は、世界的プロデューサーであるDanny Tenaglia(ダニー・テナグリア)など音楽界の重鎮たちと交流を深め、DJ業のみならず音楽プロデュースなど、活躍の幅を広げていった。 ニューヨークでも成功を収めた彼女が次に目指した場所は、テクノ・ミュージックの本拠地であり、アンダーグラウンドシーンが色濃く残るクラブの聖地、ベルリンだった。 

その後、世界一のクラブであるベルグハインのパノラマバーでプレイし、成功を収めた彼女は、ロンドンやヨーロッパ、最近ではオーストラリアやアジアでもプレイするなど名実ともに世界的人気DJに。 シカゴの柔軟で開放的な雰囲気、ニューヨークのクラシックさ、ベルリンの激しさと精巧さを兼ね備えた彼女の音楽性は、まさにアンダーグラウンドエレクトロミュージックにおいてトップレベルを誇るとして、多くの人々から支持されている。 

View this post on Instagram

Facts. The first community to embrace me as an artist was the gay community in NYC and Toronto. I started djing for a $60 bar tab on a Monday night at a bar called BOB with Phillip Crangi @gilesandbrother as the bartender🥤. I couldn’t beat match but I had records and I realized early on sometimes you have to start your own party and play the music you love and go from there. My dear friend @teddpatterson heard me play and asked me to dj at his birthday party at a club called King. It was a gay strip bar. So many legends did shows there from @joeyariasnyc and @misssherryvine New York was so different then. @manfredthierrymugler was always there. My first gig went well even though I couldn’t mix to save my life. They slowly asked me back. Once a month to twice a month till after a year I was in regular rotation. I then started making mix tapes and handing them out around town. I finally got a Friday night slot at a club called the Cock on Ave A and 12th Street. It was the dirtiest bar in the world. Cock roaches would crawl across the mixer during my sets. Every fashion designer, art director, drag queen, hustler, drug dealer, and famous bands ( The Scissor Sisters started there ) all passed through their doors! That was my gateway into the fashion biz. I could go on and on. I should write a book. Thanks to the gay community that believed in me I am now able to play festivals like this @thisisgala All pieces of the puzzle that have gotten me to this place. Happy Gay Pride and to the gay, lesbian, bi, trans, non binary, and gender non conforming community thank you for always having my back when no one else would fuck with me. Pic @brynley.davies #blackgirlmagic #transisbeautiful #blackmagicwoman #transartists

A post shared by 𝐻𝑜𝓃𝑒𝓎 𝒟𝒾𝒿𝑜𝓃 (@honeydijon) on

音楽とファッションを結びつける、アーティストとしての潜在能力  

今年5月に、COMME DES GARCONS(コム デ ギャルソン)とタッグを組み、自身のファッションレーベル「 HONEY F—ING DIJON (ハニー・エフィング・ディジョン)」をローンチし、世間を騒がせたハニー。 音楽とファッションを結びつけるセンスと才能を持つ彼女は、アーティストとしての潜在能力がとても高いと定評がある。 過去には、数々のショー音楽のプロデュースやDJを務めてきた経歴を持ち、ファッションとの親和性は十分深く、オファーが絶えないほど影響力のある人物としても知られる。 

また、その交友関係の華やかさも有名であり、ディオールのKim Jones(キム・ジョーンズ)を始めとし、ルイ・ヴィトンのVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)、バーバリーのRiccardo Tisci(リカルド・ティッシ)など、そうそうたる顔ぶれだ。 音楽だけでなく、アート、ファッションにも精通した彼女は、自身のスタイルを持った唯一無二の存在であり、その魅力に夢中になるデザイナーやブランドも多い。 今夏ローンチ予定の自身のレーベルでは、TシャツやDJバッグなどのアクセサリーから展開がスタートする予定であり、その動向と豪華コラボに注目が集まっている最中だ。 

カルチャーに影響された、トランスDJクイーンの誕生 

ハニーは、ダンスミュージック界において初となった黒人のトランスジェンダー女性DJであることでも知られており、才能と共に、抜群のプロポーションと洗練されたセクシーなルックスは彼女の魅力の一つとなっている。 また最近では、同性愛者の権利運動や女性の社会的権利開放に興味を持ち、強い信念を持ってメッセージを発信する活動家としても多くの注目を集める。 

ユニークな音楽性はもちろん、ブラックカルチャーやゲイカルチャーが盛んな都市でのライフスタイルが生んだキャラクターは、彼女がトランスで黒人であることの魅力と自信を最大限に活かしている。 彼女の目に見える成功と目立った活躍は、悩みを抱えるトランスの人々へ勇気と希望を与えるきっかけになったとも言われており、過去にはイギリスのテレビ局チャンネル4のインタビューにおいて、以下のように語っている。  

“It’s important to be visible to see what’s possible.” 

「可能なことを見るためには、目に見えることが重要なの」 

(Channel4のインタビューより) 

そんな彼女を支持する動きは広がりを見せており、instagramでのフォロワー数は現在127千人を超えている。 

DJ、プロデューサー、デザイナーとマルチに活躍し、その幅を世界へと拡大中のハニー・ディジョン。 彼女の経歴、音楽、スタイルどれをとってもユニークであり、唯一無二の無敵な存在だ。 日本でもツアーが期待される彼女の、今後にもますます目が離せなさそうだ。