https://www.elitemodel.com/newyork/image/aaron-philip/portfolio/

ツイッターやインスタグラムで話題を浴び今一番ホットなティーン・モデル、18歳のアーロン・フィリップ生まれつき運動機能に障害を持つ脳性まひで、トランスジェンダーの黒人モデルとしてのマイノリティーを活かし、SNS上で魅せ付ける事で、彼女は世界中から”感銘を受けるティーン”として注目されている。2018年にエリート・モデル・マネージメントいうエージェントと契約も交わし、雑誌のPaperやオンラインショッピングサイトASOS.comで、主にアパレル系のモデルとして活躍している。

先日Willie Norrisのワークショップで、念願のンウェイ・デビューを果たした。18歳でありながら、「スーパー・モデルになって世界を変えたい」という夢に向かって突き進む彼女の姿は、あなたに驚くべきパワーを与えてくれる。

https://www.elle.com/uk/life-and-culture/a20882927/disabled-gender-non-conforming-teen-model-aaron-philip/

Aaron Philip(アーロン・フィリップ)

2001年にアンティグア系アメリカ人として生まれ、現在はニューヨークのブロンクスに在住。モデル、アーティスト、そして「LGBT」の活動にも積極的に参加している、スーパー・ティーンなのだ。「LGBT」とは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった表現だが、最近では、「LGBTQ+」とも表現されている。「Q」クイアとはLGBT以前に男女の異性愛しかなかった時代に、「妙な/変な」という意味で同性愛者を指していた言葉で、「+」とは他にも様々なアイデンティティーがあるため、表記が「LGBTQ+」となった様だ。

アーロンは、性別を公表せず自身をトランスジェンダーとして周りには「They and She/彼らか彼女」と呼ばれることを好むと言う。なんと14歳の頃に自身の本 This Kid Can Fly: It’s About Ability NOT Disability (重要なのは、出来ない事でなく出来る事)を出版している。その頃から常に上ばかり見て生きてきた、アーロンの前向きな姿勢は人間の能力(出来る事)で様々な事を、可能にできることを教えてくれる。

https://www.cnn.com/style/article/aaron-philip-dazed-beauty/index.html

自分の代名詞は自分で決める

性別や見た目でHe/Sheと呼ぶのではなく、自己紹介の時などに、「私の代名詞は、He/She /Theyを使って下さい」と自分で決めて、相手に伝えるケースが増えている。ここでのTheyとは”彼/彼女”と性別で区別されるのではなく、”彼ら”として扱われることを望んでいる主張なのだ。

つまり、現在のアーロンは「彼ら/彼女」を好み、「彼」とは呼ばれたくないと主張している。身長は163センチで、髪の毛をブリーチでブロンドに染め、鼻にピアスを付けているのが特徴だ。18歳で2018年にモデルとしてデビューを果たし、もう既に様々な表情を巧みに操り、プロフェッショナル・モデルの一員になった。何といっても18歳とは思えない程、堂々とした彼女の強さ、美しさ、自信を何一つ隠すことなく、世界に魅せ付けたインタビューを紹介したい。

今まで、ファッション界で重要視されていなかった人達が、今こそ輝く時だと思う。自分が誰なんだと言う事をよく知っているからこそ、とにかく突き進む。だからこそ、障害を抱えてもトランスジェンダーを楽しんで生きる車いすのモデルになるために、一所懸命活動している。グッチやプラダなどのラグジュアリー・ブランドのランウェイは、まだ挑戦できてない。それには理由なんてなくて、私たちは(マイノリティー)はどんなショーに出る準備が出来ている。

ただ私たちのようなモデルを使うかは、ラグジュアリー・ブランド次第。ファッション界には、デザイナーやヘア・メイク・アーティストなど多くの才能があるLGBTQ+が昔から存在するにも関わらず、まだまだ見せる側のモデルとして、障害があったり、LGBTQ+、肌の色でメディアで活躍できる範囲は狭い。”障害があってトランスジェンダーの黒人”というそのすべてを持つ自分を、世界に魅せる事で、どこかで何かに悩む人を前向きに変えられると思う。

毎日自分の性別を考え続けた日々もあったが、今となっては性別を考える必要はないという結論に至った。青かピンク、白か黒なんて自分を判別する必要はない。あなたはあなた色に輝けばいい。世界には私に関してネガティブな意見を言う人も沢山いるけど、気にしない。だって私は、みんなが好きだし、多くの人から愛されていると感じるから、それでいい。

                                                                                                         By アーロン・フィリップ

https://twitter.com/nycpride/status/939619193120366593

「LGBTQ+」パレード&イベントが世界中で開催

6月30日に、ニューヨークシティーで毎年恒例のオフィシャルLGBTパレード・マーチが今年も予定されている。東京では、4月にレインボー・パレードが開催され、20万人もの人が参加したという。

世界の様々な地域で、LGBTQ+のイベントが開催され、性別への理解を深める運動が広がっている。アーロンの前向きな姿勢、目標へ突き進む姿勢が、あのTeenVogueでも21歳以下でティーンに最も影響を与える賞にノミネートされた。今後より多くのメディアで活躍が期待されるティーン・モデルとして、世界で羽ばたいて欲しい。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >