http://inside-fashion.net/InsideFashion/Features/tabid/122/ArticleID/219/Is-China%E2%80%99s-Urban-Revivo-the-Next-Zara.aspx

今中国のストリート・ファッション・ブランドが世界に続々進出している。現在中国でファッション・ブランドが生き残るには、Eコマースの充実は勿論、”Made in China Brands”(中国の国内ブランド)かどうかが、大切になっているという。数年前までは、海外のラグジュアリー・ブランドや、ストリート系のブランドがトレンドを独占していた中国のファッション業界だが、近年中国では、政治的な影響もあり消費者が海外より国内ブランドにシフトし始めているという。

華映資本調研の発表によると、中国の20代の人口比率は全体の17%だが、消費金額に占める割合は30%以上にのぼるという。つまり、若者の消費行動や思考を掴むことが、ブランドの売り上げに繋がるのだ。世の中にこんなにも”Made in China”の商品が溢れる中、実際には中国のブランドではなかった事が今では不思議なくらい。今世界が注目する中国が産んだ、急成長を遂げる5つのストリート・ブランドを紹介したい。

http://inside-fashion.net/InsideFashion/Features/tabid/122/ArticleID/219/Is-China%E2%80%99s-Urban-Revivo-the-Next-Zara.aspx

1- URBAN REVIVOアーバン・レビボ)

アーバン・レビボは、2006年に設立したファスト・ラグジュアリー・ブランドだ。現在中国全土で約200店舗を展開し、2017年にシンガポールや2018年にロンドン、2019年にはロシア進出を遂げ、一番最近ではタイのバンコックにお店をオープンした。中国版のZARAと呼ばれるほどで、実際ZARAの成功を見習って中国で設立したら、大成功に繋がったという。

週に2回のペースで低価格商品を発表していることで、若い消費者を中心に人気が高い。2020年までには北米や日本にも進出し、400店舗まで拡大予定だというから楽しみだ。

https://www.arp-creative.com/work/peacebird-men-work-in-progress/

2- PEACEBIRD(ピースバード)

1995年に誕生したNingbo Peacebird Fashion Co., Ltd.(通称:ピースバード)。低価格でトレンドを追う若者からの支持で、長年中国では人気のブランド。2018年にニューヨーク、ファッション・ウェークに初参加を果たす。今後は、ウェスタン・カルチャーと伝統的な中国のキャラクターを融合し、国際的な方法で世界に飛び立ちたいという。ピースバードとは、人生を耀かせ、平和をコンセプトとして、より多くの人にファッションの楽しさを伝えたいという、フリースタイルが魅力的なブランド。遊び心が感じられるスーツなど、フォーマルとカジュアルを上手く合わせたユニークなデザインが、若者の心を掴んでいる。

https://amp.scmp.com/lifestyle/fashion-beauty/article/3018369/five-chinese-high-street-fashion-brands-watch-they-go

3- OCHIRLY(オーチェリー)

1999年に創立されたオーチェリー。ヨーロッパの影響を強く受けた、エレガントでフェミニンなドレスをメインに取り扱っている。ケンダル・ジェンナーやベラ・ハディッドなどの大人気モデルをコレクションに起用し、中国を始め世界でも人気が高く、千円くらいの手頃の商品から数万円まで幅広く価格設定している点も、ターゲット層も広い。少しカジュアルな物から仕事でも使える上品なドレスもあり、フェミニンな女性にすごくオススメなブランドだ。

https://www.productionparadise.com/spotlight/photo-post-production-and-cgi-1161/selves-beauty-retouching-33369.html

4- ME & CITY (ミー&シティー)

H&Mに代わるブランドとして有名な、ミー&シティー。とにかく”シンプル”がコンセプトで、日本の無印良品を連想させるブランド。男女ともにカジュアルからフォーマルまで、手頃なプライスで人気が高い。最近では、イギリスの俳優オーランド・ブルームやモデルのアギネス・ディーンなどを起用し、他のブランドと比較しても、欧米のモデルを多く起用し海外向けの広告が増えている。そして前回の上海ファッション・ウェークでデビューを果たし、世界のメディアで取り上げられるようになった。

A model walks the runway for Bosideng during New York Fashion Week: The Shows at Gallery I at Spring Studios on September 11, 2018 in New York City.

5- BOSIDENG(ボジディング)

1975年に上海に本社を構えた、主にダウンジャケットを取り扱うファッション・ブランド。中国国内だけでも約3400店舗も展開していて、知名度が高い。昨年2018年に、ついにニューヨークのファッション・ウィークに参加をきっかけに、世界へ広げる計画をしているという。ボジディングのショーの最前列に、女優のアン・ハサウェイと俳優のジェレミー・レナーが座った事でも注目が集まり、大成功のランウェイとして幕を閉じた。シンプルなデザインから、様々なユニークなダウンを生み出し、2019年人と違ったダウンが欲しければ、ぜひボジディングをチェックしてみて欲しい。