https://www.instagram.com/p/B0U2yPBlIAR/?utm_source=ig_web_copy_link

現在17週連続Billboardチャート1位を果たし、ついに前代未聞の記録を樹立したLil Nas Xの「Old Town Road」。

これだけのバイラルヒットの要因の一つとしてカントリーとヒップホップにおけるジャンル間での論争が巻き起こったことがあげられる。初めは両チャートでのランクインであったが、「カントリー感が足りない」と言った声が多く上がったことによりカントリージャンルからは除外された。しかし、この状況を見かねたカントリー界の重鎮Billy Ray Cyrusが声をあげたことにより、彼が客演として参加したバージョンがリリースされるに至った。実際に今もチャートで首位を維持しているのは「Old Town Road(feat. Billy Ray Cyrus)」である。その後もDiploによるRemixやYoung ThugとMason Ramseyがフィーチャーされたりと話題に事欠かなかった。

若きスター同士のコラボ

そして先週7月24日まさかのBTSのRMとのコラボバージョンをリリースするに至ったのだ。正式名称は「Old Town Road(feat. RM of BTS) [Seoul Town Road]」。RMのラインは全てRM自身が英詩で書き起こしたという。

View this post on Instagram

last one y’all i promise 🤠😈✨

A post shared by Lil Nas X (@lilnasx) on

先日リリースされた新曲「Panini」がSpotifyでさっそく1億回再生を突破したり、同性愛者であることをカミングアウトするなど彗星のごとく現れヒップホップ界を席巻し続けるニューカマー・Lil Nas X。片やK-Popの枠を出て、今や世界中で支持を受けるBTSのRM。この両者のコラボは今年の音楽シーンにおける最重要トピックの一つであることは間違いない。ちなみにジャケットの馬が紫なのはBTSとのコラボを象徴する計らいであるという。