ダンボや美女と野獣など、ディズニーのアニメーションがここ数年で次々と実写化されている。2019年、中国人の女性が男性戦士として戦う物語「ムーラン」の実写化の主人公が中国人女優のLiu Yifeiと発表され一躍時の人となった。1000人を超えるとオーディションから選ばれた彼女の魅力に迫る。

ムーランに大抜擢 Liu Yifeiの生い立ち

Liu Yifei (リウ・イーフェイ) は31歳の中国とハリウッドを中心に活躍する女優。はっきりとした目鼻立ちと、長いストレートな黒髪が魅力的だ。彼女は中国で生まれ育ち、10才の頃ニューヨークのQueensへ移り現地のミドルスクールへ通ったそう。2002年から女優業を初め、中国へ戻った後、国内のテレビドラマに出演した。
過去にはハリウッド映画の “The Forbidden Kingdom (2008)” “Outcast (2014)” などに出演しており、ジャッキーチェンやニコラス・ケイジなどと共演を果たしている。

常に持ち続ける向上心と努力

Liuは過去のインタビューで女優業について 「他の俳優と同じようにスターになる野心があり、そのエネルギーは一度も途切れたことがない。女優をすることは拍手喝采を浴びることだけが全てではなく、演じるキャラクターを正しくオーディエンスに伝え、そのキャラクターになりきることが喜びであることが分かった。これからもより良い女優を目指して難しい表現も上手に演じられるよう努力していく。」と語っている。

気になる内容はまだ秘密

キャストオーディションではなんと5ヶ国で1年を通して行われ、巧みな武術、英語力とスター性を求めていたそう。そんなハイレベルのオーディションを勝ち抜いたLiuのムーランの姿を待ちきれないファンも多いのではないだろうか。
アニメーションのストーリーとの違いに関しては発表されておらず、監督であるNiki Caro (ニキ・カーロ)は「逞しく、スリリングなエンターテイメントになる。」と話している。

ムーランは2020年公開予定。1000人を超える応募者から主人公ムーランへ大抜擢されたLiu Yifanへの演技に期待だ。