https://www.wwdjapan.com/articles/916333

New Balanceとニューヨークを拠点とするEngineered GarmentsによるコラボフットウェアとTシャツが9月7日より発売されることが決定した。

2019年4月に発売された“M990 V5”をベースとしたデザインで、アッパーにはスムース、スエード、ヌバック、パイソン、クロコダイルの型押しの5種類のレザーを左右の足で非対称になるよう配置されたデザインが特徴的。Engineered Garmentsらしいシックな配色の中にこだわりの素材感を楽しめる、ファンなら是非とも手に入れたい一足となった。また“990”シリーズが誕生した1982年当時のブランドロゴを同色で配したTシャツも同時発売。New Balance ROPPONGI 19:06をはじめとする一部店舗と公式オンラインストアで発売する。価格はスニーカー類がそれぞれ3万2000円、Tシャツ類が9200円となっている。

Engineered Garmentsとは

ユニクロともコラボしたことで、その名を目にした方も多いであろうブランド「Engineered Garments」。主に東京とニューヨークでのセレクトショップをメイン業態とするNEPENTHES社から発足したオリジナルブランドである。主にニューヨークで企画から生産が行われ、ワークやミリタリーの要素を持ったリアルクローズなデザインを展開している。そして最も大きな特徴の1つとして挙げられるのが、デザイナーが日本人の鈴木大器氏であるという点だ。彼の視点を通して古き良きアメリカのデザインを再解釈していることが、このブランドの人気を支える大きな要因なのだ。