https://88nightmarket.com/collections/sorayama

ニューヨークを拠点に、Rich Brian、Niki、Jojiなどアジアをバックグラウンドに持つアーティストたちを中心に結成されたレーベルの88risingが、日本人アーティストの空山基とコラボしたアパレルコレクションを発表した。

本コラボはNikiの最新シングル「indigo」のアートワークを空山がデザインしたことから実現した。Tシャツ、スエットシャツ、フーディーなどが展開され、価格帯は24~100ドルとお求めやすくなっている。同レーベルが8月17日にロサンゼルス州立歴史公園で開催した音楽フェスティバル「Head In The Clouds Music Festival」で先行発売され、現在は同レーベルのECサイトでも販売されている。また今秋には、価格が90~600ドル程度の幅広いアイテムをそろえた秋冬コレクションも発表されるという。

Sean Miyashiro・88rising共同創設者は、「空山の驚異的な写実力に基づいたスーパーリアリズムの美は素晴らしく、彼が一から創り上げた世界観に誘い込む力を持っている。ある意味で、88risingの世界に入り込む体験もそれと似ていると思う。このコラボレーションは、2つのクリエイティブな世界を融合し、より多くの人に空山を知ってもらう絶好の機会だった」とアジア文化をより広く伝えるべく、企画されたことを語った。

View this post on Instagram

SUMMER NEVER DIES. HEAD IN THE CLOUDS II SOON 🤫

A post shared by 88rising (@88rising) on

また88risingによるコンピレーションアルバム2作目となる「Head In The Clouds Ⅱ」のリリースが10月11日に決まっており、そのジャケットも空山が手がけている。