http://www.perfume-web.jp/index-jpn.php

Perfume(パフューム)が9月18日、53曲という大ボリュームのベストアルバム「Perfume The Best “P Cubed”」を発売した。それに合わせ、メジャーデビュー以降の全楽曲ストリーミング配信を開始した。

View this post on Instagram

祝!P Cubedリリース日! みんなメッセージありがとうね♪ たくさんのスタッフさんと愛を込めて作ったアルバム、みんな色に染まれ〜!! かしゆか  本当に嬉しい〜メッセージみんなありがとう!今日渋谷ジャック見にいったらたくさんの人が写真撮ってて、ニヤニヤみてた 笑 私も撮ってもらったよ!ファンクラブに載せるね♫ あ〜ちゃん  P Cubedは手に届きましたか〜? 新曲challengerのMVのアイデア待っています!一緒に最高の作品を生んじゃいましょう。 サブスクでも沢山聞いてね!のっち  “P Cubed” out today! Thank you all for your messages♪ This album is full of love from Perfume and the staffs. It is now all yours to add beautiful colors of your own! – KASHIYUKA  Loved reading all your messages! Thank you! I went around Shibuya hunting for our posters today. It made me smile to see a lot of you taking photos and I got some, too! Check them out on fan club website♫ – a-chan  Have you gotten your copy of “P Cubed” yet? Can’t wait to get your music video ideas for the new song “Challenger!” Let’s make the best video together! Make sure to stream the album, too! – NOCCHi

A post shared by Perfume (@prfm_official) on

ワールドクラスアーティスト

デビューより15周年、結成からは20周年に突入していく彼女らは今や国民的なアーティストと呼ぶにふさわしい立ち位置である。その裏付けとして、これまでに日本人アーティストとしてX JapanやBABYMETALらが出演したアメリカ最大級のフェス「Coachella Velley Music and Arts Festival」に今年はPerfumeが出演。

YouTube上でライブ配信される同フェスは2週にわたって開催される。2周目に訪れる客は、1周目をYouTube上で確認してから誰を見に行くか選べるというわけだ。その2週目の集客は、彼女たち自身も驚くほどであったという。これはつまり未だ世界的知名度はそれほどではないものの、彼女らのパフォーマンスを目撃した感度の高いフェス来場者たちがその魅力に気付いたと言える。精力的にワールドツアーが何年も続けられ、現場叩き上げで培ったそのパフォーマンス力がついに世界に見つかり、せっかくPerfumeがビックネームになるチャンスなのに、これでは海外ファンが彼女たちの楽曲にたどり着けないと憂いた日本のファンもいたことだろう。全世界でのストリーミング配信開始によって、その心配も解消されたというわけだ。

記憶を呼び起こす

今でこそ活躍の場を世界に広げているPerfumeであるが、その魅力を一番よく知っているのはやはり我々日本人であろう。音楽好きな人であろうとなかろうと、人生のどこかでPerfumeの曲が生活の一部を彩っていたのではないだろうか。ストリーミング配信解禁は、そんな記憶を呼び起こす装置が突然現代に現れたことを意味する。

この度リリースされたベストアルバムでも、懐かしいジャケットでも再生してみて欲しい。音や匂いは時として記憶に直接結びつく。一時意識的に接していたものを、時間をおいて手に取ってみるとその時代の感情や空気感が呼び起こされたという経験がないだろうか。Perfumeの楽曲を聴く全ての人に、この現象が起きると押し付けるのは苦しいところもあるが、それぐらい彼女らの曲は日本に浸透していて、我々の一時代を彩っていたのだ。この機会にPerfumeの懐かしい楽曲群を通じて、それぞれの思い出に浸ってみてはいかがだろうか。その後には、彼女らの今後の挑戦を追っていくことももちろん忘れてはいけない。