東京のユースを中心に絶大な支持を受け、先日のロンドンでの公演も大盛況に終わったTohji擁する“Mall Boyz”。ロンドンを中心にアジア圏の音楽を世界中でコネクトさせ、グローバルなコミュニティーを作り出している“Eastern Margins”。アジアからグローバルなトレンドを自在に乗りこなす2つのクルーによるコラボレーションパーティ「6 pac」がWWWβにて緊急開催される。

2つのクルーがキュレーションする今回のコラボレーションパーティーでは、香港とロンドンをベースに世界中にアジアのアーティストを紹介するコレクティブ“Yeti Out”。時代をアップデートする音楽を記録するAVYSS magazineを主催し、自身もOrange Milk、Where To Now?など世界各地からリリースを重ねる“CVN”。今回CVNのライブには話題のラッパー”玉名ラーメン”も客演で出演。Beat LiveとしてJuke/Footwork、Gqom等のビートを操る”KΣITO”。グライム、UKドリルを昇華したスタイルで頭角を表す新鋭“ralph”。Hip Hop, R&Bをベースとしながら様々なジャンルをクロスオーバーさせる“Shioriybradshaw”が出演決定。また当日会場では、Tohjiが初期のパーティーで展開していたMall Boyzやその友人たちによるフリーマーケットも同時開催され、音楽以外にも今旬なアーティストやムーブメントがチェックできるだろう。

2019年、東京で最も熱いクルーとグローバルに活躍するDJ達による突如決まった小さな祭典。追加出演者も後日発表される。

Mall Boyz × Eastern Margins pres. 6 pac

日程:10月11日(金)

会場:WWWβ

時間:OPEN / START 24:15

チケット:ADV ¥1,800 / Door ¥2,500
出演者:Yeti Out / Lumi (Eastern Margins) / CVN / KΣITO (TYO GQOM) / ralph / Shioriybradshaw / ??? / ??? / ??? /Flea Market by Mall Boyz

チケット発売 : Peatix / RA 10/2発売

Eastern Margins

世界中に広がるアジア人の音楽シーンをショーケースし、ロンドンでアジア人の居場所を作るというコンセプトで始まったパーティーEastern Margins。
Eastern Margingsはクラブ・ウェアハウス・ホテルなどさまざまなスポットで行われ、ローカルのアクトの他、中国•台湾•日本など、アジア出身、またはアジア系のアーティストが多く出演してきた。Sonia Callico, Flora Yin-Wong (PAN) , Why Be, Organ Tapes, Young Queenz, YETI OUTの他、日本からはSoulectionのYukibebがゲストDJを務めたこともある。また今年8月に行われたSoundclashでは、GaikaやKamixloといったアクトの他、日本からはTohjiが参加し、ジャンルを超えたサウンドクラッシュに500人以上のお客さんが熱狂した。

Yeti Out

Yeti Outは東ロンドンのパーティでDJとしての技術を磨いた。ハウス、ジャージー・クラブ、ガラージ、ラップの間を行き来するエネルギッシュなパーティを開催、アジアとヨーロッパの音を織り交ぜた新たなサウンドを提供している。現在、上海に本拠地を置き、香港とロンドンを中心に活動。東洋と西洋の芸術を結びつけ、アジアのアーティスト達の活動のフィールドを広げることに重点を置いている。いままで、A-Trak、Virgil Ablohと共演、Soulection crew、Night Slugsのレーベルパーティやアート・バーゼルのファッション・ウィークパーティーに出演した。現在「Yeti Soundsystem」の下、Hong Kong Community Radioのレジデント番組をロンドンのRadar Radioに持ち込んだり、バンコクのクラブ「BEAM」や上海のクラブ「Le Baron」で月1のパーティを開催している。2018年1月に自身のレーベル「Silk Road Sounds」より『SILK ROADS VOL.1』をリリース、収録曲の中には日本人アーティストの作品も含まれている。参加アーティスト達はクラブのコミュニティで出会った。

CVN

Nobuyuki Sakumaのプロジェクト。食品まつり a.k.a foodmanやKate NVを擁するアメリカ・オハイオの〈Orange Milk〉、UKの〈Where To Now?〉、2017年にはジャパン・ショーケースツアーを行ったスペイン・バルセロナの〈angoisse〉など、エレクトロニックレーベルから音源リリースを重ねる。2019年にUS/CANツアー、韓国公演など敢行。視覚性があり、その時のムードによって常に変化していくサウンド。時代を更新する音楽を紹介するオンラインマガジンAVYSSを運営。

KΣITO (TYO GQOM)

東京在住。Juke/Footwork、Gqomなどをベースに楽曲を制作し、ライブではAKAIのパッドを用いてビートをリアルタイムに打ち込むスタイルで知られる。
SHINKARON、Polish Juke、POLAARなど国内外のレーベルから音源をリリースしている。東京発のGqomパーティ、”TYO GQOM”を主催し、DJ MOROとのGqom DJユニット”GQOMZILLA”やテンテンコとのユニット”幡ヶ谷ちっちゃいものクラブ”、7人組テクノユニット”テクノウルフ”のメンバーとしても活動している。
http://keitosuzuki.com

ralph

持ち前の声とバックボーンを武器に東京のシーンを中心に着実に支持を集める。
2017年にSoundCloudで発表された「斜に構える」で注目を集めたことをきっかけに、2018年にはdBridge & KabukiとのスプリットコラボレーションEP「Dark Hero」 をレコード限定でリリースし、即完売となった。2019年6月にEPに先駆けて発表された先行シングル「No Flex Man」のミュージックビデオはすでに巷で話題となっている。
2019年9月6日、ファーストEP「REASON」を発表。今後のさらなる飛躍が期待される。

Shioriybradshaw

2006年より地元仙台でDJ活動スタート。現在は東京を拠点に各地方、アジアなどの海外でも活動中。近年では、NIKEやIKEAなどの大手ブランドや新鋭ブランドのレセプションパーティーやインストアイベントでDJとして出演、都内のホテル&ラウンジセレクターを務めている。Hip Hop, R&Bをベースとしながら様々なジャンルをクロスオーバーさせるプレイが彼女のスタイル。2014年には「burn world DJ CONTEST 2014」と「ROAD TO OUTLOOK_JP 2014」にてセミファイナリストとして勝ち残る。2016年に自身初のMIX CD「NOVA」をリリース。2017年よりDJ BAR&LOUNGE WREPでレジテントを務める。2018年よりインターネットラジオ局「block.fm」でラジオパーソナリティを務める。また日本のインターネットテレビインターネットテレビ「AbemaTV」の番組「AbemaMix」でも定期的に出演中。