11月1日に待望のニューコレクションローンチを控える、Off-White(オフホワイト)を手がけるヴァージル・アブローとIKEA(イケア)の限定コラボライン、「MARKERAD(マルケラッド)」。 

ミレニアル世代に向けたインテリアラインとあってデザインのみならず時代に合ったターゲットとコンセプトも話題に。建築家としても類稀なる才能を持つヴァージル・アブローが手がける、今一番世界が注目するヒップなコラボの詳細とは? 

ミレニアル世代がターゲット、世界的アーティストと世界最大手インテリアメーカーがタッグ

MARKERAD(マルケラッドは、スウェーデン発のインテリアブランド「IKEA(イケア」と、ヴァージル・アブローとの共同による、リミテッドコレクションであり、最初にローンチがアナウンスされたのは一昨年2017年のことである。 

スウェーデン語で「選択」を意味するブランド名、ミニマルなデザインにプラスされた、ユニークなタッチのコンビネーションが印象的だ。 

ヴァージル・アブローといえば、 Off-White(オフホワイト)のCEOであり、現在 LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のメンズクリエイティブディレクターにも就任している、ファッション界において重鎮的存在である。大学で建築を専攻し、建築関係の仕事にも勤めたことがある経歴を持つため、ファッションだけでなく、インテリアデザインにも精通してるマルチな才能の持ち主だ。 

世界最大手のインテリアブランドと、世界的に有名な大物デザイナーとのコラボとあって、大規模な取り組みは注目を集めた。 

マルケラッドがターゲットにしているのは、実家を出て初めて自身で生活をスタートさせる学生や、ミレニアル世代の若者たちだ。そして彼らにとって新生活のインスピレーションとなるような、アイテムラインナップとなっているのにも注目だ。 

これまでに発売されたのは、パリで先行発売されたロゴ入りのラグマット。その後全世界で発売されたアイテムは、もちろん即完売。オンラインでの購入も抽選によって行われるなど、一瞬にして伝説のコラボとなった。 

北欧のミニマルデザインとストリートが出会って完成したアートなニューコレクション 

11月1日に発売を控える待望のニューコレクションは家具、アクセサリーを含め、全部で15アイテムとなっている。 

北欧らしいミニマルなデザインを得意とするイケアと、ヴァージル・アブローの得意とするストリートテイストが絶妙にミックスしたデザインのアイテムが堂々のラインナップ。「WET GRASS(濡れた芝生)」とプリントされた、芝生調のグリーンのラグの他、「SCULPTURE(彫刻)」のロゴバッグなどは、オフホワイトをも連想させるポップでアイコニックであり、インスタグラムでも話題になりそうな要注目アイテムだ。 

また、白地に白の秒針の壁掛け時計、映った姿が歪んでみえるよう意図的に亀裂が入った鏡、バックライト付きのモナリザの絵などは、混乱、歪み、破壊などをアート的な意味合いを持ち合わせるかのようだ。その他、ドアストッパーが片足に付いた天然ブナを使用したクラシックな椅子、工具入れ、透明のショーケースなどもユニークなアイテムである。 

ヨーロッパでの販売価格は、8.99ユーロから269ユーロと、価格はイケアの通常アイテムとほぼ大差が無い。手頃な価格で、ヴァージル・アブローのスピリッツが感じられるスペシャルな限定コレクションが手に入るとし、すでに全世界で話題の的だ。 

これらは全て11月1日(現地時間)に全世界同時発売予定である。日本国内では、オンラインでの発売は行わず、店舗にて限定発売する予定であり、価格は発売日前日に公表予定となっている。 

ヴァージル・アブローが解釈するスペシャルコレクションの意味 

今回のリミテッドコレクション発売に関し、ヴァージル・アブローは下記のように語っている。  

“The ethos of the collection is to add an artful quality to anonymous objects.” 

「コレクションの精神は、匿名の対象に芸術的なクオリティーを追加することである。」 

(イケアの公式ホームページより) 

ファッションデザインだけでなく、建築やインテリアデザインにも精通するヴァージル・アブローならではの解釈により実現したと言えるスペシャルな取り組みだ。 

イケアはこの取り組みを通し、さらなるミレニアル世代を中心とした客層の獲得に、成功を収めることが確実視されている。 

11月1日全世界発売を目前に、すでに多くの人の関心を集めている、イケアとヴァージル・アブローの限定スペシャルコレクション「マルケラッド」。世界的に有名な企業とアーティストの取り組みは、どのようにミレニアル世代のライフスタイルに影響し、変えていくのだろうか? アイテムの発売のみならず、プロジェクトの概要に今後も目が離せない。