JJJ、Dos Monosらが出演するサウンドセッションとラッパーのライヴによる新たなるイベント”BURN RUBBER”が11月22日にリキッドルームにて開催される。
インスピレーションを掻き立て、イマジネーションを膨らませ、グルーヴを発生させるビートの構築によって行われるライブとはスケートのトリックを”メイク”するようである。
ライブで目撃することにより、ワンメイクの感動を共有することは、 データによって事後共有されたファイルでは受け取りきれない情報量をフロアに与え、現場でしか味わえない興奮を体感することになる。

今、日本における卓越したビートを生み出すアーティストが、それぞれチームのようにブースを入れ替わり、グルーヴを紡いでいく新しいイベントを開催することになった。

レイヴのように、ジャズのインプロヴィゼーションように、はたまたジャマイカのブロックパーティのように…サウンドセッションでありながら、マイクを操り言葉を紡ぐラッパーによるLIVEパフォーマンスセグメントも勿論用意し、来場者が音の上で自由となる、スペシャルな空間演出を予定している。

2019.11.22 friday midnight
LIQUID LOFT + Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM 2F]

open / start 24:00
adv. 2,000yen / door 2,500yen
act.
“JJJ” Aru-2(BEAT LIVE) & JJJ(LIVE)
“Dos Monos” 荘子it(BEAT LIVE) & Dos Monos(LIVE)
“KERV” GUCCIMAZE(DJ SET) & ralph(LIVE) & EGL(BEAT LIVE)

and more…

ticket.
e+<https://eplus.jp/sf/detail/3133660001-P0030001>,
LIQUIDROOM 店頭

主催. (株)十六小節
info. LIQUIDROOM 03-5464-0800 https://www.liquidroom.net
※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。

■またイベントに先駆けて、J-WAVEにてBURN RUBBER開催前週、
11/11~11/16の6日間、深夜の27時~29時の毎日、2時間のDJ MIXをBurn Rubber出演者含めたメンバーにてコラボプログラムも実施!!

『J-WAVE TOKYO M.A.A.D SPIN』https://www.j-wave.co.jp/original/maadspin/

出演 DJ:Andrew(TREKKIE TRAX)/ 荘子it(Dos Monos)/ EGL(KERV) / TAITAN MAN(Dos Monos)/ mizutasss

▼JJJ

1989年生まれ。川崎在住のトラックメイカー/プロデューサー、MC、DJ。 febb as Young Mason、KID FRESINOと共に結成したFla$hBackSのデビューアルバム『FL$8KS』を2013年リリース。ソロアーティストとしては、2014年11月にデビューアルバム『Yacht Club』、2015年3月に『Yacht Club』のインスト盤『Yacht Club sailing gear session』、さらには2枚のCD-Rのビートアルバム『GGG』 、『THOUSAND』をリリースしている。韓国のヒップホップアーティスト、Ugly Duck、Reddyと共に制作した楽曲『ASIA – Ugly Duck x Reddy × JJJ (Prod.by JJJ) (Cut by DJ Scratch Nice from NYC) 』が大きな話題となり、その活動はワールドワイドな広がりを見せ始めている。

▼Aru-2
1993年生まれ、埼玉県川口市出身のビートメイカー。フュージョンやR&Bを好む父とピアノ講師の母、ピアノやダンスが得意で絶対音感を持つ姉がいる環境で育つ。3歳頃に坂本龍一、幼少期にマイケル・ジャクソンやダフト・パンクと出会い、影響を受ける。2010年より本格的な音楽制作をスタートさせ、自身のルーツである宇宙観やサンプリング精神、メロウなポップ感に比重を置いた音楽性に基づく楽曲を手掛ける。2013年に1stアルバム『Aμ』を発表。その後、キッド・フレシノやlee(asano+ryuhei)との共作などを経て、2017年に『blanked』をリリース。

▼Dos Monos

荘子it(MC/トラックメーカー)、TAITAN MAN(MC)、没 a.k.a NGS (MC/DJ)からなる、3人組 HIP HOPユニット。
フリージャズやプログレ等からインスパイアされたビートの数々と、3MCのズレを強調したグルーヴが特徴。MC兼トラックメイカーである「荘子it」は向井太一やDATS、yahyel等にも楽曲を提供するなど新進気鋭のプロデューサーとしても活躍しており、同じくMCを担当する「TAITAN MAN」と共にFUJI ROCK FESTIVAL’17においてDATSのステージにゲストラッパーとして出演したことでも話題に。また、2017年に初の海外ライブをソウルで成功させ、その後はSUMMER SONIC ‘17などに出演。2018年にはLAのレーベルDeathbomb Arcとの契約も発表し、その後フランスのフェスLa Magnifique Society等にも出演。そして遂にデビューアルバム『Dos City』を3月にリリース。

▼ralph from “KERV”

ralph / アーティスト 持ち前の声とストーリーを武器に東京のシーンを中心に着実に支持を集める。 2017年にSoundCloudで発表された「斜に構える」で注目を集めたことをきっかけに、2018年にはdBridge & KabukiとのスプリットコラボレーションEP「Dark Hero」 をレコード限定でリリースし、即完売となった。2019年6月にEPに先駆けて発表された先行シングル「No Flex Man」のミュージックビデオはすでに巷で話題となっている。 2019年9月、ファーストEP「REASON」を発表。今後のさらなる飛躍が期待される。