アートと音楽の今がわかる見て感じて購入できるアートフェアイベント「GRADATION 代官山グラデーション ダイカンヤマ)」が、10月末に閉館したテノハ代官山にて、11月22日から12月5日の期間限定で開催中。

同アートイベントは、アートと音楽を中心に、食・デザイン・ファッションなど、東京ならではのクロスジャンルのカルチャーを新しくエディションしたアートフェアイベントだ。アートと音楽の今が分かるだけではなく、見て感じて購入できるイベントとなっている。 

展示では、アンディ・ウォーホル、ダミアン・ハースト、森山大道、MEGURU YAMAGUCHI、YOSHIROTTENなどのアーティスト作品がラインナップ。また、14時から23時までは、アートミュージックラウンジを営業。HIFIオーディオで聴くDJのラウンジミュージックをアートに囲まれた空間で楽しむことができ、東京を牽引する様々なカルチャーを創出しているオーガナイザー・プレイヤーによるライヴ、DJイベント、ナイトイベントも開催される予定。 

中でも注目なのは、レディ・ガガなども手がけるシンガポール出身の写真家のレスリー・キーの作品だ。現在開催中のファッションブランドの TATRAS(タトラス)とのコラボポロジェクト「SUPER TATRAS -We are diversity-」の中から、新たに世界的DJで音楽プロデューサーのスティーヴ・アオキを撮り下ろした作品が追加された。 

コンセプト、テーマは「ダイバーシティ」、 「I was made for you」 
TATRASのダウンはあなたの為に。 私はあなたの為に 

女優で歌手のSumireや俳優の城田優、 ファミリー、 ストレートのカップル、 ゲイ、 レズビアンといった多種多様な著名人がTATRASを着用して撮影したオリジナリティー溢れる写真展を楽しめる内容になっている。 

その他、レスリーが20年間撮りためた「VOGUE Taiwan」のカバー作品も一同に展示。日本を代表するスターはもちろん、世界を代表するモデル・俳優などの写真を世界で初めて展示する。 

また会場では、写真展と並行し、TATRASのポップアップストアも開催。定番から最新モデル、「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.」やスティーヴ・アオキが率いるアパレルレーベル「DIM MAK」とのコラボレーションモデルまで、 豊かなバリエーションで今シーズンの新作がラインナップする。 

【イベント情報】
「GRADATION 代官山(グラデーション ダイカンヤマ)」
日程:2019年11月22日〜12月5日 ※水~日曜日 開催(月・火曜日は休館)
・水~土曜    OPEN 12時 / CLOSE 23時(最終入場22時)
・日曜   OPEN 12時 / CLOSE 21時(最終入場20時)
会場: TENOHA代官山
住所:東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山
東急東横線「代官山駅」正面出口より徒歩3分
入場料:大人 ¥3000 (現金価格)
大人 ¥2100 (WEBチケット価格)
大・高生 ¥1000(学生証提示)
※税込金額、中学生以下入場無料

オフィシャルホームページ:https://gradation-info.com/