【21Questions】イタリアのファッションエディターAlice(アリーチェ)

Q1:名前を教えて!

Alice

Q2:何歳?

24歳

Q3:普段なにをしている?

ファッションに繋げていけそうな画像のリサーチをしながら、とイラストレーションに没頭しているよ。

 

Q4:なぜファッションの世界へ?

自分の芸術の素質と視覚がファッションにとてもあっていたと気付いたからよ。

Q5:あなたのファッションスタイルはどのように決めているの?

中々難しいわね!わたしは役に立たないものも含め、小さなものが大好なの。だから良くアクセサリーからその日のファッションを決めるかも。あとはヴィンテージファッションが大好きで、洋服の形以上にヴィンテージの方がどのように縫製させたかも今の時代のものと比べても、唯一な形ばかりだから、とても面白いわ。ヴィンテージファッションの裏側にはその人が着ていたたくさんの歴史があるからステキなのよ。

Q6:「ヴィンテージ」とは?

ヴィンテージとは過去のもの全てのことを言うけど、わたしにとったら90年代までのものね。

Q7:あなたにとって「ファッション」とは?

何年かの間にわたしのファッションへのコンセプトが変わったわ。今よりずっと若かった頃はファッションとは洋服中心のものだと思っていたの。でも今は昔より魅力や面白さを持ってると思わないわ。

Q8:「トレンド」とは?

わたしは一時的なその時のテーマかその逆が、ファッションウィークにファッションデザイナーによって広まること、そして同一視されて、たまにファストファッションにマネされて大量生産させることも。

Q9:いつもステキなヘアースタイルをしていますね。

わたしは40年代、50年代の髪型が大好きで色々な色のスカーフを持っていて、その日のスタイルに合わせているの。

Q10:あなたのデザインについて教えて!

わたしのスケッチへの情熱は自分が幼い頃からあって、色々な象徴や記号が大好きだったのアート専門学校にて、銅版画法や木版画など古い芸術テクニックなどたくさんのことを学んで、自分のスケッチ能力を伸ばしていったの。

Q11:【MOODBOARD】という自身のページがありますね。

自分のmoodboardのページを作ったのは、自分の架空の小宇宙や自分で作ったストーリーコラージュをまだわたしを知らない人たちにも知ってもらいたかったからなの。小さな本のようなものね。

Q12:ファッションデザインを勉強した後に、今はエディターの世界に生きていますね!

スケッチを描くことやイメージを作っていくことは私自身もとても満足していると気付いたの。

Q13:あなたの人生で大切なことは?

家族、自分の感情。あとは目標に向かって努力することと、いつも自分自身であることをいつも忘れないことね。

Q14:好きなブランドはある?

たくさんあるけど、Raf Simons、Vivienne Westwood、Celine、Valentino、それと現在のGucciね!

Q15:お気に入りの場所は?

二つあるわ。小さな街も大きな街もどちらも好きね。一つはイタリアの中心部分にあPineto。海岸を親友たちと歩いたり、古い音楽が流れるバーでトニックウォーターを飲んだり。もう一つはローマね。大きな街に隅々にアートが溢れていて、それを見つけながら歩くことがとてもステキよ。

Q16:好きな香水は?

Chanelの「Madamoiselle」。あとは焼きたてのパンの匂いとおばあちゃんのお昼支度の時中の香り!

Q17:好きな音楽は?

インディーズからハウスまでジャンルを問わず好きよ。

Q18:好きな映画は?

「アメリ」

Q19:好きな本はある?

Chuck Palahniukの「Diary」が大好き!

Q20:尊敬する人はいる?

Twin Peaksの「 Audrey Horne」。彼女のスタイルも魅力的すぎる人間性も大好きよ。

Q21:最後に、SNSを通してなにを伝えたい?

Instagramには色々な場所や自分の身体のディテールを中心に載せているわ。そういった写真を包み隠さずに載せることによってわたしの人間性や考えを伝えているの。

彼女のライススタイルはとても可愛らしくて物語の中で生きているようなAlice。彼女の絶妙なセンスをご覧あれ!

AliceのInstagram:@alice_cant
Facebookページ:https://www.facebook.com/ACAliceCant/

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >