F-MAGZINEはサイトを引っ越しました。
記事はリニューアルした新しいサイトで読むことができます!

新しいサイトはこちら

「作品のインスピレーション源は、人との会話や体験」注目の若手ニットウェアデザイナー、具志堅幸太のつくりだす優しく繊細なニットの世界

by

今回取材したのは、ニットウェアデザイナーの具志堅幸太さん。

ファッションの名門、セントラルセントマーチンズのニット科で学んだのち、日本に帰国後若手ニットデザイナーとして注目を集める具志堅さん。若干26歳ながら、ファッションフリークが集うレディースセレクトショップのデルタや、老舗百貨店伊勢丹新宿店に構えるコンセプトショップTOKYO解放区のポップスアップストアの出店も果たしている。

彼の経歴をふまえ、生み出した珠玉のニット作品について聞いた。

 

現在の彼をつくりあげた、セントラル・セント・マーチンズ大学とは

 

ーデザイナーを志したきっかけはなんですか?

 

高校生の頃に入院した時期があったんですが、途方もなく暇だったので、自分の将来についてゆっくり考えたんです。小さい頃から洋服を着るのも見るのも好きでしたが、日本の雑誌などを読む普通の服好きな中高生でした。映画や音楽も好きだったのですが、自分のなかで一番仕事に結びつけることができそうなのがなんとなくファッション業界かなと思ったので、その道を志すことに決めました。

 

ーファッションの名門、セントラル・セント・マーチンズ(以下、セントマーチンズ)で学ばれたとお聞きしました。どのような大学でしたか?

 

とても自由な場所でした。僕は、大学基礎コース(ファンデーションコース)で1年間、ニット科で3年間勉強させていただいたんですが、基礎コースでは、ファッション以外にも絵を描いたり写真を撮ったり、とにかくいろいろな芸術に触れさせてもらいました。そのなかで自分に一番合うものを探していったという感じです。そのなかで糸一本からなんでも作ることができ、自由度の高いニットウェアとも巡り合いました。

 

ーやりたいことができる、自由な校風だったんですね。

 

そうですね。先生は基本的に、課題の途中経過を発表しても「いいね、続けて」とか、そういうことしか言わないんですよ。課題の話が2分くらいで、あとの10分は昨日見た映画の話をしたり(笑)、すごく楽しかったです。学生生活は、とても自由に、いろいろなことを試せる有意義な時間でした。

 

ー大学時代の経験が今に活きていると思いますか?

 

はい、その時の体験、経験、先生や友人など出会った人たちのおかげで今があると感じます。特に大学で出会った友人の存在は大きいです。ロンドンには、世界中の人種が集まってくるので、考え方の違う人が横にいるのは当たり前の世界です。ファッションだけじゃなく、人生に対してもそれぞれ違う考えを持っています。それがとても面白かった。そういった環境で約6年間過ごせたことは、本当に良い経験だったと思います。日本の右向け右、とは違う自由な考え方に触れながら生きてこれたのは、デザイナーとしても、人としても良かったと思います。

 

卒業コレクションのテーマはアフリカ音楽の「ポリリズム」

 

Top 6 Central Saint Martins BA Graduates of 2016にも選ばれた、珠玉の卒業コレクションを拝見させていただきました。一つひとつが繊細だけどパワフルで、心の奥に残るものばかりでした……。

 

 

ありがとうございます。卒業コレクションは、アフリカのポリリズムという独特なリズムからインスピレーションを受けたんです。これは、アフリカの伝統的な音楽のリズムで、例えば3,4人のドラマーがそれぞれ全く違うリズムを一斉に奏でたりしていて、同じ音楽なのに、三拍子で聴くか四拍子で聴くかで体感がぜんぜん違うんです。まったく違うリズムが共存している面白さをファッションに取り入れて、ビジュアルとして表現したいなと思ったんです。

 

ーだから、ルックごとに全く違う魅力があるんですね。

 

そうですね。モナリザの描かれたニットがあれば、パジャマもあったりと。一見、一貫性に欠けているように見えて、じっくり見ると、不思議と完成していく。そういう、変な気持ちを味わってほしかったんです。この卒業コレクションでは、よくポリリズムの視覚化とも評されるアメリカの画家、ジャンミッシェルバスキアの作品をモチーフにしたものが多いんです。

 

(左)モナリザがモチーフのニット。バスキアがモナリザの作者、レオナルドダヴィンチのパロディ作品を出したことが起用の理由となっている。撮影:野田祐一郎

 

(右)シャネルのルックをニットでアプロープリエーションした作品。テクスチャーはバスキアのペインティングがモチーフ。撮影:野田祐一郎

 

ー作品のインスピレーション源は音楽や絵画などの芸術作品からくることが多いのでしょうか?

 

芸術作品からくることもあれば、自分の実体験や友人との会話から生まれることも多いです。次のコレクションの着想も、とある友人のおかげで得ることができたんです。大学時代、ドイツ人の友人がクラシックのかかっている部屋で、ドイツ語のニュースを聞いていたんです。クラシック音楽と、自分には訳の分からない言語の組み合わせがすごく気持ちよくて、心地良いずれだなと当時感嘆し、それを最近になって思い出したんです。そういうずれをファッションとして表せたら面白いなと思っています。

 

ー作品の着想にもなるような経験をたくさんされたんですね。次のコレクションもとても楽しみです!

 

ロンドン時代と現在の環境の変化

 

ーちなみに現在は日本でお仕事されているということですが、具志堅さんが作品を作るにあたってロンドンと日本はそれぞれどのような場所ですか?

 

ロンドンにいた頃、作品は学生生活のなかで、友人とわいわいしながらつくるものでした。実は、卒業コレクションは10人ほどの友人の手を借りて完成させたものなんです。周りの手伝いがあったからこそ、あのように形にすることができました。クラスメイトや後輩や先輩に手伝ってもらって、そのあとビールを一杯おごるとか、逆に自分が手伝っておごられるとか。そういうのが当たり前だったんです。自分の創作活動のなかには、大抵周囲の親しい人たちがいました。しかし、日本に帰ってきてからは、一人で作業をすることが増えました。

 

ー現在はご自宅でお仕事をされているということでしたよね。

 

そうなんです。家の一室で、糸を見ながらひとり、音楽をかけて作業するのと学校で友人と作品を作り上げていくことは感覚が全く違います。それは、日本だから、ロンドンだからということではなく、たまたま僕がロンドンにいた時は大学という環境があり日本に帰ってきてからはひとりで作業をする環境にいるというだけの話なのですが。ただ、芸術大学の学生としてロンドンでファッションをデザインするのと、日本でファッションデザイナーとして商品を作っていくのとでは、大きな違いがあると思います。どっちが良い、悪いではなく。ロンドン時代と今とでは、あまりにもファッションの捉え方がちがうので、自分自身も未だにどうすれば良いのかを探りながら活動しています。

 

ー作品を商品として売っていくことの難しさを感じる、と。

 

はい。例えば、シュッとしたかっこいいものをつくって、でもそれが僕らしいものではなかったら僕がデザインする意味がないと思うんです。だけど、おもしろくて見た目も可愛いけど誰も買わなかったら、それを作る意味がないとまではいわなくても……ファッションデザイナーとして食べていけません。こういう葛藤が、今悩んでいる部分です。ただこれは、ファッションデザイナーなら誰しもが抱える葛藤なのかなと思っています。

 

ー逆に、仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

 

初めて自分の洋服を販売してもらった時に、購入していただいたお客様からインスタグラムで「一生着たいと思い買いました」とコメントをいただいたんです。それがとても嬉しくて、「デザイナーって最高の職業だ!」と心底思いましたね(笑)。その後も、ポップアップストアで自分の服を買ってくださった方々との会話をしている時の喜びは今でもずっと残っています。今後も、こういう風に喜んでくださる方々に自分の服を届けていけたらとても幸せだなと思いますし、実際に届けていきたいです。

 

これからのこと

 

ー日本でデザイナー活動をはじめたばかりの具志堅さんですが、これからどんなふうに生きていきたいですか?

 

そうですね……。とにかく楽しく生きたいですね(笑)。楽しいときって、自分をとりまく何もかもが流動的だと思うんです。自分と人と環境、すべてに滞りがない。それって、僕にとってはすごく精神衛生上良いことで。そういう環境を、自ら周りを巻き込んでつくっていけたら良いと思います。

 

ー楽しく自分らしく生きていくことは、シンプルだけど、すごく難しかったりするんですよね。今日は本当にありがとうございました!

 

撮影:Peng Yu

 

学生時代と現在の環境の違いに葛藤しながらも、ひたむきに自身の作品と向き合い日々邁進し続けている具志堅さん。人との会話や繋がりをとても大切にしている彼だからこそつくりあげられる、優しく繊細なニットの世界にこれからも多くの人びとが魅了されていくことでしょう。

 

具志堅幸太(ぐしけん・こうた)

横浜市出身。イギリスのファッション名門大学セントラル・セント・マーチンズへ留学し、2016年に同大学のファッションデザインニットウェア科を卒業する。現在は日本を拠点に、新進気鋭の若手ニットウェアデザイナーとして活躍する。

Instagram:kotagushiken  
HP:http://www.kotagushiken.com/

 

 

No Comments Yet.

What do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です