Off-White(オフホワイト)が1月18日パリでショーを開催した。会場には落ち葉に木立を設け、秋の空気が漂う。

ストリートトレンドの流れに乗って急激な成長を見せた同ブランドは今季、大人へ向けたユーススタイルを提案した。

フェイクファーのコートやブルゾン、モヘアニットのセーターなどヘアリーで柔らかい印象。シグネチャーでもあるワイドパンツはこれまでよりも少しだけスリムに仕立てた。

バイヤスストラップや矢印で作った十字、白黒のブロックチェックなど、アイキャッチなデザインでもちろんストリート要素も欠かさない。随所に見られたoffの文字が、ファンの心を疼かせる。

ブランドの成長とともにデザインや素材も成長させ、幅広い層をターゲットにした試みが感じられる。

本当の意味でユースとは、年齢ではなく心の持ちようなのかもしれない。纏うアイテムによって、私たちはいつまでもユースでいられる、そんなポジティブな気持ちが伝わってきた。

Off-White