【Paris FW Men / 17-18 AW】少年時代の思い出の破片をかき集めて Comme des Garcon Homme Plus(コム・デ・ギャルソン・オフ・プリュス)

1月20日、Comme des Garcon Homme Plus(コム・デ・ギャルソン・オフ・プリュス)が新コレクションを発表した。

今季のテーマは”boyhood”。子供の頃の淡い思い出の破片をかき集めたような、完成しきらないが懐かしい印象を受けるコレクションとなった。

今季重役を担うのは、ジャケット。カラーはブラックをベースに、ラメ入り素地やフラワーのジャカード、キルティング刺繍などを取り入れて、それぞれ個性のあるジャケットに仕上げた。

さらに、前脇をなくしてヘムを切りっぱなしにしたデザインや形違いのジャケットを組み合わせて合体させたものなど、前衛的で存在感のあるルックも印象的だった。

シリコン状の恐竜、車、機関車といった少年のおもちゃのようなアイテムで遊び心を効かせ、コレクションの雰囲気をガラッと変えた。

ブランド名の”Comme des Garcons”とはフランス語で「少年のように」という意味。その名を象徴的に表したような今季のコレクションは、アバンギャルドでありながらもどこか懐かしい。

ショーを終えると優しく温かいものが心に残り、冷たいパリの空気を忘れてしまうほどだった。

Comme des Garcon Homme Plus