”Blood is thicker than water(血は水よりも濃く)”と題されたICOSAE(イコサエ)によるオフィシャルとしては初めてのコレクションがパリファッションウェーク初日、18日に発表された。

血縁や家族との繋がり、その強い繋がりの中にある恐れをイギリス王室のスキャンダルからインスピレーションを受けたAW17コレクションからは、どこか品のあるブリティシュパンクスタイルが感じられた。

モデルの耳にはピアスが連なり、足下にはDr.Martens(ドクターマーチン)。

スーツにはジッパーが装着され、袖や膝には反射素材が使用されたアームバンドのようなデザイン、背後には”The Chaos of Trouble ”の刺繍が入ったパッチワークが施されていた。

赤い照明がショー会場全体を覆う中、モノトーンカラーを中心にタートルネックやトレンチコートなどいくつかのアイテムにはテーマカラーである赤が使用されインパクトを与えた。

ICOSAE

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >