【Paris FW Men / 17-18 AW】ダダイズムと東洋の美学で再構築した服 Christian Dada(クリスチャン・ダダ)

Christian Dada(クリスチャン・ダダ)がパリでショーを開催した。今季は“BLUEをテーマにダダイズムとロックスピリット溢れるコレクションを発表。

ジャケットやTシャツといったベーシックなアイテムをダダイズムと東洋の美学で再解釈。生地を剥ぎ取るという方法を用いて破壊的に分解、再構築を試みた。

ボンバージャケットやワークジャケットといったアメカジアイテムにストライプが多様され、Tシャツのレイヤードやアシンメトリーといった一癖あるデザインで捻りを効かせた。

部分的にあしらったメタリックやスケルトン素材がフューチャリスティックでモダンな雰囲気をプラス。

シーズンを追うごとに独自の世界観とアイデンティティが確立されていっている印象を受ける。世界へ浸透していくダダイズムをこれからも注目していきたい。

Christian Dada