1月21日、新クリエイティブディレクターにHaider Ackermann(ハイダー・アッカーマン)を迎えたBerluti(ベルルッティ)がショーを開催した。

スモッグの中から登場したファーストルックは、大きなボストンバッグを脇に抱えた男性。キャメルのチェスターコートのテーパードとクロップドパンツにクルーネックのTシャツを合わせ、品性を感じるクラシックな装いながらも艶っぽくエレガントだ。

コレクションの多くはテイラリングが用いられ、光沢のある素材やベルヴェットでロマンティック且つ色気のある男性像が提案された。

Berlutiの主力であるレザーはシューズやバッグのみではなく、シガーケースやギターケースなど多種に渡るアイテムで登場。

Haiderが打ち出した新たなBerlutiは、男女問わず支持されそうなセクシーで品のある、最高に“いい男“だった。

シューズのイメージが強いブランドだが、洋服のクオリティの高さも見逃してはならない。Haiderの手によってどのように進化するのか、楽しみだ。

Berluti