【Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W Day2】過去と現在の間で旅をするmatohu(まとふ)、Name.(ネーム)が出した答えとは?

3月20日(月)より開幕したファッションの祭典「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W」。 2日目は、ニットブランドの「Motohiro Tanji(モトヒロ タンジ)」や初のショーとなった「House_Commune(ハウスコミューン)」、東京タワー近辺では「matohu(まとふ)」、「Name.(ネーム)」の2ブランドがコレクションを発表した。

matohu(まとふ)

ショーのテーマは「いき」。この言葉は元々、江戸時代の町人時代に生まれた日本ならではの美意識を表す。決して他に言い換えることができないにも関わらず、現代でそれを体現している人は見当たらない。

今季はそんな疑問を抱き、服だけでなく生き方の部分でも現代の「いき(粋)」とはどんなものなのかを探す旅に出た。

今回会場に選んだのは、そんな過去と未来が交錯したような場所にある港区の『増上寺』。

メインのテキスタイルには、江戸時代に粋とされていた縞模様(ストライプ)を使用し、その模様はよく見ると決して平行ではなく途中で消えたり曲線を描いていて、紆余曲折して成長していく人生そのものを表現。そうすることで歩く度に揺れる長着にさらなる躍動感が加わった。

カラーパレットでも粋な計らいは続き、青みがかった紫をメインに、一言に明るいとは言い難い大人びた赤や緑、黄色などの色を選んだ。

また、ブランドとしては珍しいレザージャケットやパンツも登場し新たな一面も見せ、コレクションを通してしっかりと経験を積んで自分に誇りを持ち、大人の色気さえも漂わせる現代の「いき」な女性の世界観を見出した。

Name.(ネーム)

「A Delirious Odyssey(妄想旅行)」と題したテーマでコレクションを発表。友人が旅先で撮影した写真からインスピレーションを得て、そこからイメージを膨らませた。

ルックは、ブランドらしいユース感のあるストリートスタイル。

秋冬シーズンを象徴するムートンベストをアウターの中に着たレイヤードと外に羽織ったレイヤードの両方を見せることで、ひとつのアイテムでも着こなしの幅をイメージさせる提案や、影響を受けた友人がアートディレクターということから取り入れた大胆なグラフィックが特徴的であった。

また、ボリュームのあるマフラーやバックパックで旅行へ行くイメージもしっかりと表現。足元には東京のシューズブランド『KIDS LOVE GAITE(キッズ ラブ ゲイト)』とコラボレーションしたスニーカーやブーツを取り入れた。