Acne Studios サンフランシスコに最大級新店舗をオープン

内装はサンフランシスコを象徴!?

アクネ ストゥディオズはアメリカで5店舗目となる新店舗を、今週サンフランシスコにオープンする。

同社は既にニューヨークに3店舗を構え、ロスでは2店舗目となるオープンだ。新店舗は以前は倉庫として使われていた建物をリフォームしたもので、真っ赤なレンガと建築的な要素が散りばめられた最大級の店舗となる。ダイナミックな赤い内装は、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッチを彷彿とさせる。

“新店舗には、この場所と、そしてサンフランシスコ自体への特別な想いを詰め込みたかったんだ。元々がダイナミックで美しい建造物だったので、設備は最小限にしたかった。”と、創始者の一人でクリエイティブディレクターのジョニー・ヨハンソンは語る。

内装は開放感のあるウィンドウにコンクリートのフロア、オフホワイトのポリカーボネートシートで囲まれた壁、といったむき出しのいかにもインダストリアルな雰囲気だ。

エントランスまで伸びるアルミニウムのディスプレイウォールに、特注のスツール。壁の後ろにあるアルミニウムの試着室には、ちょっとした棚やテーブルがあり、十分すぎるほどの贅沢な仕様だ。天井から均等に配置された格子状の照明は、このストアのためだけに制作されたという。

“全てのストアを同じような見せ方にするアイディアには固執したくないんだ。”と、語るのはアクネ ストゥディオズの会長で創始者の一人、Mikael Schillerだ。”それぞれのストアが各々の都市に合わせてユニークなんだ。”
アメリカでのアクネ ストゥディオズのセールスに関していえば、Schillerは場所が云々というよりも、アメリカの顧客の持つ雰囲気やショッピングの習慣が好きなんだ。カリフォルニアのストアには、東京、ニューヨーク、そしてロンドンで見てきた類似性とは違ったものがあるんだ。”ブランドの次の候補地は、ハリウッドの高級ストリートMelrose Avenueに年内にオープンすることになっている。

気になる商品構成に関しては、アクネ ストゥディオズは幅広いスタイルと価格レンジをカバーした複数のコレクションラインを提供している。”この点において、姉妹ブランドやセカンドラインといしてブランドの価値を弱めることなく、ディレクタージョニーの創作性のを高さを可能にしている。従来の方法は必ずしももう機能しないからこそ、私たちは常に新しいアイディアに目を向けているんだ。”とSchllierは言う。