オンラインベースで展開しているコスメティックブランドGlossier(グロッシアー)は、ポップアップストアをパリのコンセプトストア Corette(コレット)に18日オープンした。

当初フランス向けのショッピングサイトだけを2018年に展開する予定だっただけに、インスタグラム上での突然の発表は嬉しい反響を呼んでいる。

このポップアップストアは12月20日までの期間限定で、フランス国内でグロッシアーのプロダクツを買えるのはコレットでだけ。

グロッシアーは先日、多様性を訴えるグラフィックを起用して、ボディケア商品の広告キャンペーンを発表した。

また、配送地域に関しても、アメリカ国内とプエルトリコに加え現在ではカナダにも配送している。さらに近々ロンドンオフィスを構えイギリスにも展開予定だ。

グロッシアーの始まりは、ファウンダー エミリー・ウェイスの個人ブログ「Into The Gloss」。

ヴォーグ誌で経験を積み、モデルやデザイナーから美の秘訣を学んできた彼女だからこそ、その始まりからグロッシアーは多くのメディアに取り上げられ、急成長を遂げている。
 

 

coletteさん(@colette)がシェアした投稿

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >