日本人デザイナー中島篤が手がける『ATSUSHI NAKASHIMA 』がMilan Fashion Week(ミラノファッションウィーク)にて、ジッパーをテーマとしたカジュアルコレクションで観客を魅了した。

「今回はジッパーが主なインスピレーションです。ジッパーを用いることで、1つの服と他の服を自由に組み合わせることができ、自分オリジナルの服が作れます」と中島氏は言う。

2011年に自身のブランドを立ち上げた中島は、服と服を組み合わせるというコンセプトを広げたかったと述べる。

「世界中の人々がつながり、理解し、より良いコミュニケーションを生み出せたら、というのが僕の大きなテーマ。それをデザインで表現しています」と彼は記者団に語った。

6日間にわたって開催されるミラノファッションウィークでは、Prada (プラダ)、Armani (アルマーニ)、Versace (ヴェルサーチ)、D&Gなどの有名ブランドを含め、トータル160ものコレクションが披露される。

#atsushinakashima #mfw #fashion @dhljapanfashion

A post shared by ATSUSHI NAKASHIMA OFFICIAL (@atsushi.nakashima) on

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >