人気のバスケットボール選手やラッパーがデザインしたスニーカーには、スニーカーマニアたちが長蛇の列をつくる。

けれども斬新な新作スニーカーが欲しければ、5歳のファッションアイコン、Blue Ivy Carter (ブルー・アイビー・カーター)を要チェックだ。

Beyoncé (ビヨンセ)とJay-Z (ジェイ−Z)の夫妻の愛娘、ブルー・アイビー・カーターは、Gucci (グッチ)のようなメジャーなブランドからも引く手数多であるが、最近では、一点もののスニーカーを所有している。

ニュージャージーのデザイナー、Matthew Langille (マシュー・ランギル)が、昨年ハロウィンに向けて、シューズブランド『Pop (ポップ)』とコラボレーションした逸品。

鮮やかなレインボーカラーで、ソールにはライトがあしらわれた、レースアップスニーカーだ。


このシューズがデビューしてから1年近く経った現在、子供も大人も、この際立つスニーカーを入手できるようになった。

ソール部分にセッティングされたライトはUSBケーブルで充電でき、さまざまなスピードで点滅する。

ランギルは、The New York Post (ニューヨークポスト)に、このスペシャルオーダーは特に家庭環境おかげで、うまく進められたと伝えている。

「ブルーは、私の息子ウィリアムと同年代、息子からアイデアを得ることできたので、素晴らしかった。靴のサイズも同じだったし、彼をモデルにすることもできた。 ブルー・アイビーのような特別なクライアントのためにカスタムデザインするは、夢だった。」

Copyright©️ 2017 The New York Post