ファッションウィークで湧くミラノのストリートから、最新の秋ルックを紹介。

Prada(プラダ)、Fendi(フェンディ)、Moschino(モスキーノ)の春夏コレクションへ向かうファッショニスタがこぞってセレクトしたのは、足元までオールレッドの秋スタイル。同系色どうしでもシックな印象にまとまる”赤”は、支持率が高い。

Giovanna Battaglia Engelbert(ジョバンナ・バッタリア:写真左)が実践した、ブラウス、スカートとブーツでつくるレディルックなコンビネーションから、ベルベットパンツにコージーニットをあわせてハンサムに仕上げたLinda Tol(リンダ・トル:写真右)のアウトフィットまで、自分のテイストをベースにいろいろなバリエーションが楽しめるのも、単色コーデの醍醐味。

ひと味違ったスタイリングを披露したのは、スタイリストのChristine Centenera(クリスティーナ・センテネラ:写真左から二番目)。彼女が選んだのは、レッドパターンのプリントが新鮮なレイヤードドレスで魅せる、ワンランク上の色づかいだ。

Poto:Imaxtree

ミラノファッションウィーク2日目のストリートスタイルをもっと見る場合は、こちらから。

via Fashionista