言わずと知れた人気を誇るトップスター、Harry Styles(ハリー・スタイルズ)。

甘い歌声とルックスを持つ彼だが、今回は過去から現在までのファッションスタイルを紐解く。

ボーイズバンドの衣装は、色の調和されたコーディネートや、その人に合った衣装に重点を置くが、

ハリーは全くとして気に留めない。

所属グループであるOne Direction(ワン・ダイレクション)の人気が爆発し、若者に馴染みのあるブランドJack Wills(ジャック・ウィルズ)のゆったりとしたジャージスタイルから、より様々なスタイルを持つSaint Laurent(サン・ローラン)、Gucci(グッチ)そしてBurberry(バーバリー)の一流らしい華やかなファッションスタイルに変わる。

http://vg-images.condecdn.net/image/7lw18brgOnn/crop/1020

2013年、彼が19歳の時にボーイズバンドの型を破り始めた。

始まりは小さくプリントされたバーバリーのシャツにスキニージーンスにブーツのコンビネーション。

http://vg-images.condecdn.net/image/xkBoV9jn1j2/crop/1020

トレーナー、パーカー、レザージャケットなどスポーティなファッション周りの仲間は続けたかもしれないが、ハリーは独自にセンスを高めた。

そうしているうちに、彼のスタイルは注目され、イギリスのファッション賞を受賞する。

タキシードジャケット、プリントシャツ、ワイアットブーツ、シルクスカーフがステージ上でも、日常においてもの彼の “スタイル” となっていった。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/fukroo/ckeditor/pictures/2414/content.jpg

さらに彼はピンク色のスーツ、サテン生地、ヒールのある靴さえも着こなす彼はファッションのジェンダーアイデンティティを上手くぼかすことに非常に長けている。

それもうまく、簡単に着こなしてしまう。

https://i.pinimg.com/originals/8b/85/38/8b85386186faddd78533836a6d8395a0.png

2017年、23歳の彼はよりスマートかつシャープに。グッチの重厚な美しさを身に纏う。

https://vg-images.condecdn.net/image/eeK32QEarnD/crop/810

出演映画である「ダンケルク」の役のためヘアカットをし、世界の男性の先駆けのような存在感と自信を共にソロデビューアルバムのプロモーションも行った。

http://img.mensclub.jp/var/mensclubjp/storage/images/lifestyle/news/bang_17_0725h/998297-1-jpn-JP/1D_rect980.jpg

ソロでの活動や俳優でも絶好調な彼だが、ラフスタイルからクラシックまで着こなす彼のスタイルから、自分にあったファッションを取り入れるのはいかがだろうか。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >