D&G(ドルチェアンドガッバーナ)による土曜夜のイベントよりも、ファッションのランウェイシーズン全体がどれ程にめちゃくちゃにされ、再発明されたものはない。

ミラノファッションウィークでも大活躍だったイタリアのファッションブランドドルチェアンドガッバーナが先日、ミラノで最も有名なファッションストリートでゲリラショーを行った。

 

D&G、ミラノに現れる

シークレットショーと名付けられた日程は発表されていないランウェイショーで、編集者たちは彼らの存在を求めたメールを急遽受け取ったものであった。

キャストのほとんどは華やかなバスで到着したソーシャルメディアへの影響力をもつ若者たちで構成されており、そしてショーの後は高速バスの中へ消えていった。

彼らはミラノの最も高級なファッション通りCorso Venezia(コルソヴェネツィア)に降り立ち、ブランドの立ち並ぶ壮大な建物の中を通り、さらにデザイナーと提携しているレストランのバーテラスであるマルティー二バーの石畳みの中庭へと進んでいった。

日曜日午後2時、定期的にコレクションで着用する準備を整えているDomenico Dolce(ドメニコ・ドルチェ)とStefano Gabbana(ステファノ・ガッバーナ)は、プレショーのオーディエンスと共に混じっていた。ステファノが編集者グループと話している間、ドメニコはゲストたちを抱きしめていた。

「このショーは何だ!?あぁ、日曜日の午後はきっとファッションタイムなんだろう。夕方とはこうであるべきだし、それに女性は夕方になるとよりセクシーでとても美しく見られたくなるものだからね!」とガッバーナは叫んだ。

彼は宝石が敷き詰められたiPhoneでインスタグラムにショー全体の様子を投稿し続けた。服が素晴らしく見えることが必要不可欠で、これはミラノで最もダイナミックなコレクションだった。

 

テーマはシフォン、フラワー、透明感

全てはファブリックフラワーで装飾され、少し透明感のあるシフォンスワンピースの列、深い紫色のシルクまたはハート形に水玉模様というの列でのオープニングであった。

インスタグラム2040万人フォロワーをもちのブラックジャガードタキシードを着たカリフォルニアを象徴するCameron Dallasの大きなショーでは、若い女性は颯爽とした男性たちに付き添われた。

実際にはプロのモデルではなく、多くの人々がティアラを身に付けており、そのうちの4人は真珠やバラ、牡丹のフェイスマスクで完全に頭を覆っていたのであった。

そのショーはドルチェ&ガッバーナのコレクションとして夜通し行われ、様々な人がサテンビスチェやレースのシースルーガウチョなどのファッションで楽しんだ。

ガッバーナは、‘セクシーであること’約束した。

みんながカフェのテーブルの周りを囲む前のレッドカーペットでのマーチングは、とても見応えのあるものだった。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >