ファッショニスタのライターであるMaria(マリア)は9月の初めからストリートスタイルを取りまとめている。

「私はこの仕事をとても楽しんでいるわ。皆が何を着ているか、トレンドは何かが分かるし、流行りのアイテムは彼らのファッションからくるのよ。」

そして時が経つにつれて、自身のクローゼットの中身を替えたいという大きな欲望に駆られたり、少なくとも衝動買いはしてしまうというマリア。

「証拠として、上に掲げたDior(ディオール)のサドルバッグがそれよ。」

多くのストリートスタイル、編集者やインフルエンサーらがニューヨークからロンドン、ミラノ、そして現在はパリと持ち歩いていたバッグを見て、なぜかマリアは自分自身も昔パパラッチショットで取られていた有名人が持っていたバッグを思い出し、自分にもそれが必要だと思わされたと言う。

「もしフェデックスがちゃんと来てくれれば、私がThe RealReal(ザ・リアルリアル)でオーダーしたディオールのサドルバッグは今日届くの。」

もっぱらブラックのハンドバッグを使う彼女にとって、ネイビーカラーにロゴ入りのバッグと普段着をどう合わせれば良いか分からないというマリアだが、時間が解決してくれるのを待って、それまではストリートスタイルの写真を見てインスピレーションを受けるそうだ。

ディオールのサドルバッグは175ドルで現在品切れ中だが、似たようなデザインのバッグはTheRealRealで販売されている。

たくさんのオシャレなファッションを見てきたライターが衝動買いしたバッグ、私自身も気にならずにはいられない。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >