Salvatore Ferragamo(サルバトーレ・フェラガモ)は、新たなウィメンズコレクションのクリエイティブディレクターに、同社のウィメンズシューズのデザインディレクターを務めるPaul Andrew(ポール・アンドリュー)を起用する。

ブランド創業以来の代名詞であるフットウェアラインのディレクターに就任後、わずか1年にして実現した今回の大抜擢は、英国人若手デザイナーの確かな統率力を見込んでのことだ。

ファッション業界きっての逸材とも評されるポール・アンドリューは、Salvatore Ferragamoでの活躍にとどまらず、独特のヒールに履き心地のよいパンプスで有名な、自身の名を冠したシューズレーベルでも才能を発揮している。

「ポールがダイナミックなビジョンを抱いていることは、この一年のフットウェア部門における彼の働きと、その素晴らしい結果が物語っている。私は自信をもって彼を新たなポジションへと任命する。

ポールは今後、ウィメンズのすべてのカテゴリーのクリエイションを導いていく。」と、CEO Eraldo Poletto(エラルド・ポレット)は語った。

ブランドマネージャーは、前任のFulvio Rigoni(フルヴィオ・リゴーニ)の退任に関して正式なコメントを出していないが、彼の過去2シーズンにかけての働きに謝意を表明した。

先月ミラノで発表されたばかりの2018春夏コレクションは、この去就を巡り、やや混乱している。

ポールアンドリューの初舞台は、2018-19秋冬コレクションになる見込みだ。

「クリエイティブディレクターとして、彼はレディースラインのすべてのカテゴリーに加え、ブランドのマーケティング、広告イメージ等のコンテンツも指揮していく。」と、同社は彼の登用について言及した。

Salvatore Ferragamoのメンズコレクションは、昨年就任したGuillaume Meilland(ギヨーム・メイアン)が今後も率いていく見通しだ。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >