ファッショントレンドは日々進化し、そして廃れていくものー。

さまざまなスタイルやカラー、デザインがファッションショーのランウェイに現れ、私たちの生活に入り込んでくる。

黒いドレスやCHANEL(シャネル)のパールネックレスなど、ファッションのアイコン的存在としていつまでも愛されるアイテムもある。

しかしその一方で、目も当てられないようなファッショントレンドも存在する。

SNSで「今までで最悪のファッショントレンドは何?」という調査を行ったところ、1つ分かったことは、誰も80年代バブル時代のファッションが好きじゃないということ。

ビッグヘアやReebok(リーボック)のハイカットフィットネスシューズ&くしゃくしゃの靴下などは、嫌われファッションの代表格。

他に否定意見が多かったのがショルダーパッド/肩パッド。

肩パッド付のブラウスを着て、その上にこれまた肩パッド付のブレザーを着て、さらにコートを着る。

みんなアメフトチームの選手みたいだった。


また、最近の嫌われトレンドといえばー。ジーンズをわざわざ下げて下着が見える格好で歩いてる男。

超ミニのショートパンツを履いて闊歩している女性。

他にもママジーンズ(ハイウェストでゆったりめのジーンズ)、ネオンカラー、カーゴパンツ、ガウチョパンツ、マンバン(メンズのお団子ヘア)、パラシュートパンツ、超細身のモデル、ローライズジーンズ、ヘビーブルー・メイクアップ、昼間のパジャマ、

そして悪名高いマレットヘア(襟足だけながいメンズヘアスタイル)などが不名誉な「なくなって嬉しいファッショントレンド」として選ばれる結果に。

あなたにとって最悪のファッショントレンドとは?

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >