ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが、ファッションメディア「アイコン(IQON)」を運営するVASILYを完全子会社化することを発表した。

スタートトゥデイはVASILYの発行済み株式を全て取得し、株式取得にかかる費用や子会社化の詳細については開示されていない。

VASILYは、ユーザーがスマホやウェブで自由にファッションをコーディネートして共有できるサービス「iQON」を2010年4月から運営しており、AppleやGoogleのベストアプリに複数回選出されるなど評価も高い。

ここ最近はファッション検索やユーザーとのミスマッチを解消すべく、機械学習開発に力を入れている。

スタートトゥデイは、子会社化によってVASILY社の開発技術応用し「WERA」とのシナジーも考えられる。

「アイコン」は200以上のECサイトにあるファッションアイテムをユーザーが自由に組み合わせるコーディネートアプリ。利用者は数百万人を超える。