スコットランド発のラバーブーツブランドHUNTER(ハンター)は、ニューヨークのグランドセントラルターミナル駅構内にユニークなポップアップストアをオープンした。

1日に75万人もの人が利用するニューヨークの巨大な玄関口であるグランドセントラルターミナル駅に、突如「HUNTER」の文字がライトアップされたガラス張りの温室が出現した。

スコットランドの霧がかった高地の風景を再現した空間には、ハンターのレインウェアが展示されている。

http://us.fashionnetwork.com/news/Hunter-opens-pop-up-in-NYC-s-Grand-Central-Terminal,883103.html#.We5efdPygWo

展示されているアイテムは、人気のロングブーツ、レインコート、そしてベストセラーのバックパックだ。

「我々は、軽量ゴムや防水コットンなどの新しい素材を使用し、季節を問わず着用できるユニセックスのコレクションを開発した。

ニューヨークの名所に出店することで、ハンターのアイテムが雨天の必需品であることを人々に広めたかった。」とハンターのクリエイティブ・ディレクターであるAlasdhair Willis(アラスデア・ウィリス)は語る。

ポップアップストアは2017年10月22日から4日間限定でオープンする。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >