もしも早く成功してリッチになりたかったら、シリコンバレーが一番と言われる。

テクノロジー企業が集結するこの都市が注目される理由とは一体なんなのだろうか。

シリコンバレー発のトレンドがいっぱい!

米国カリフォルニア州シリコンバレーから、食からファッションまで多くのトレンドが今、発信されている。

例えば、『シリコンバレー式自分を変える最高の食事』の著者デイヴ・アスプリーが「バレットプルーフ・コーヒー」(完全無欠コーヒー)を考案すると瞬く間にセレブに広まった。

またアップル社、スティーブ・ジョブズが「ウオーキング・ミーティング」を始めると先進企業を魅了し、フェイスブック社には散歩用トレイルがあるほどだ。

またファッションでもニューヨークのソーホーでブティックを新しく開くのはシリコンバレー発の企業が多いと言う。

テクノロジー企業が集結する

テクノロジー企業が集結するシリコンバレーでは、若者でも早く成功できグローバルエリートになれる場所だと言われ、多くのアパレル企業、セレブ、モデル、ファッションメディアが注目している。

例えば、サンフランシスコ生まれのデザイナー『アレキサンダー・ワン』は「デジタル産業には大きな可能性がある。どのアパレルブランドも巨大テクノロジー企業のような事業の仕方をしていない」と語る。

また、アップル社のiphoneXの立ち上げには、今ファッション産業で一番ホットな『オフ-ホワイト』創業者のヴァージル・アブローが立ち会い、その親密さをアピールしていた。

ワーカホリックの文化も

シリコンバレーには仕事と遊びの差がないような独特のカルチャーがあり、人々は情熱的に働く。

それはインターネットは常に稼働している必要があり、それによってシリコンバレーではオンとオフの切り替えなく働く人々が多くワーカーホリックの文化を生み出している。

このような職場環境もあるからこそシリコンバレー人々は健康志向も高まり、世界的ヴィーガンブームの発信地になっている。

テクノロジー企業の中心地であるからこそ、シリコンバレー発のトレンドが多いと言える。

テクノロジーに依存することは危険もあり、フェイスブックやグーグルサーチに頼りすぎると多くの情報がコントロールされかねない危険もある。

いずれにしても今後もシリコンバレーがビジネスの重要スポットであることには変わりないだろう。