42歳にして、未だ世界で人気のフットボーラーの一人、David Beckham(デビッド・ベッカム)。

マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、ロサンゼルス・ギャラクシー……と選手時代に様々なチームを渡り歩いてきたが、ある一つのことだけは変わらなかった。

彼といつも共にあった「プレデター・アクセレレイター」

そう、彼が愛してやまなかったAdidas(アディダス)のスパイク「プレデター・アクセレレイター」だ。

彼の象徴的なスパイクを限定カプセルコレクションにリマスターするために自ら中心的人物となり、そのクラシックなスタイルに新たなひねりを付け加えた。

Studiam/スタジアム、Cage/フットサル、Street/ストリートそれぞれにふさわしい異なった3種類

かかとには彼の代名詞的な背番号、23、32、そして7がそれぞれ刻印され、彼にとって重要なカラーであるレッド、ホワイト、ブラック3種類の展開。

ベッカムはこのコラボレーションについてこう語っている。

自分のキャリアで一番最高の瞬間を振り返った時、共通する決定的なテーマの一つはアディダスのプレデターでした。それは常にそこにあって、ベストなプレイが必要とする時に自分を助けてくれました。なので、アディダスから、スタジアム、フットサル、そしてストリート用のアップデートしたスパイクをデザインするチャンスを申し出てくれた時、迷いもなく飛びついたんです。

限定店舗でも購入可能、アディダスオンラインショップはこちらから。(現在、UKではすでに売り切れ!)

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >