「Valentino(ヴァレンチノ)」の「 Resort 2018 collection(リゾート2018コレクション)」が世界各都市で注目されている。

このコレクションはクリエイティブディレクターのピエール・パオロ・ピッチョーリが「スポーツ」にインスパイアされて登場した。

これを記念して、東京表参道では11月19日までの期間限定で「ヴァレンティノ」のポップアップストアがオープンしている。

コレクション作品はを「VLTN」のロゴが入り、スポーツウエア、キャップ、ウオーターボトルなどが展開している。

ピッチョーリは様々な人種や人々のためのファッションを追求したいと考えており、又同時に「ミレニアルズ」など若者世代に寄り添っていきたいと考える。

「スポーツは最も普遍的な文化であり、どんな人種、性別、世代の人々にとっても身近なものだ。普遍性があるものは、どんな人にとっても受け入れやすい。トラックスーツや、Tシャツ、スエットは誰でも普段着として着ることができる。ユニフォームのように同じ格好をすることではなく、こうしたスタイルが多くの人々の個性を引き出すのだ」と、彼は話す。

スポーティーなヴァレンティノの新しい魅力に東京の表参道で出会える。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >