イタリアファッションのデザイナー、Giorgio Armani(ジョルジオ・アルマーニ)は、多忙過ぎるとも言える仕事人生は彼自身をエネルギッシュにさせるが、仕事量を常に調整しなければならないため彼のキャリアは”強烈”であると言う。

現在83歳、1975年に自身の名を取ったブランドを創業した彼は、「仕事は前進するのみ」とい姿勢で、多忙なスケジュールをこなし、「貴重な刺激とさらなるエネルギーを与えてくれるので仕事はとても楽しい」という。

ファッション雑誌『グラマー』の取材において、「僕はファッションが好きである。なぜなら前進し続けるということを教えてくれるし、周囲で何が起こっているのか知ることができるからね。だから、僕は自分の仕事が大好きだし、情熱を捧げるんだ。僕の毎日は非常に忙しいけど、それぞれ異なった多くのことに目を向けるのは貴重な刺激になるし、自分にエネルギーを与えてくれるのさ。」とアルマーニ氏は語った。

Richard Gere(リチャード・ギア)やNicole Kidman(ニコール・キッドマン)、Viola Davis(ヴィオラ・デイヴィス)といったバラエティーに富んだスターたちと共に仕事をしてきた彼は、その服を着た人にとって”忘れられない”ものを作らなければならない為、衣装をデザインすることは「シンプルであり複雑だ」という。

「僕の仕事はシンプルかつ複雑だ。着る人自身をより良く見せたり、印象に残るような特別な見た目を考えなければならない。どのセレブもそれぞれの持ち味があって、個性がある。僕はそんな中で仕事をしているんだ。」

彼は初めてビジネスを始めた時から持っている”変わらない熱意”を胸にチャレンジし続け、年齢は関係ないということを教えてくれる。

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >