Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)がHollywood Film Awards(ハリウッド映画賞)に出席し、自身が監督を務める映画『First They Killed My Father』でHollywood Foreign Language Film Award(ハリウッド外国語映画賞)を受賞した。

6人の母親であるジョリーはJenny Packham(ジェニー・パッカム)のカスケードシルバーサテンガウンにティファニーで統一されたアクセサリー、そして大胆な赤い口紅というエレガントなファッション。

ジェニー・パッカムはキャサリン妃お気に入りブランドとして脚光を浴び、ここ数年人気が高まっているデザイナー。

1988年に自身のブランドを立ち上げると、すぐにその華麗なブライダルドレスとイブニングガウンで名を知られることとなる。

しかし、その後の飛躍はキャサリン妃なくして語ることはできない。

キャサリン妃がパッカムブランドで公の場に現れたのは2011年にさかのぼり、以来、最も忠実な顧客の一人として、カジュアルなポロの試合からエレガントなレッドカーペットに至るまで、あらゆる場面でパッカムの服を身につけている。

そして『キャサリン妃効果』とも言えるその影響力はハリウッドまで届き、今やパッカムのアイコン的ガウンは Taylor Swift(テイラー・スウィフト), Kate Winslet(ケイト・ウィンスレット), Helen Mirren(ヘレン・ミレン)、そしてアンジェリーナ・ジョリーという一流女優たちの間で不動の人気を誇る。

ちなみにアンジェリーナ・ジョリー着用のシルバーガウンは2,520ポンド(約38万円)也。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >