ここ数シーズンの間、J.Crew(J.クルー)はニューヨークファッションウィークでブランド関係者の友人や家族といった「リアルな人々」をモデルに起用したことで話題をさらっていた。

ファッション業界からの注目は言うまでもなく、Elle.com(エル・ドットコム)のファッション部門ディレクターであるNikki Ogunnaike(ニッキー・オガナアイク)はインスタグラムで「#CastMeJCrew(キャスト・ミー・J.クルー)」というハッシュタグを使用し、同ブランドのモデルになりたいとアピールしていたほどだ。

250名の社員の解雇、J.クルーに長年勤めた社長兼クリエイティブディレクターのJenna Lyons(ジェナ・ライオンズ)とCEOのMickey Drexler(ミッキー・ドレクスラー)の退任、さらに2018年春コレクションのショーを行わないなどJ.クルーは上半期にさまざまな「変革」を起こした。

こうした変革の間もこのハッシュタグは使用され続け、月曜日にJ.クルーはこのハッシュタグを使ったコンテストを開催することを発表した。

優勝者は次回キャンペーンの広告にモデルとして登場することができるという。

応募方法は、#CastMeJCrew と#contestというハッシュタグをつけた写真をインスタグラムかツイッターに投稿するだけと簡単だ。

さらに、ブランドのホームページではコンテストのスペシャルコンテンツが展開される予定だという。

このコンテストに先駆け、J.クルーは「リアルな人々」というコンセプトのもと、2017年のホリデーギフトカタログにCEO、ミュージシャン、編集者など総勢7人の、幅広いジャンルの「モデルではない」モデルを起用した。

そのモデルの一人でもあり、ハッシュタグを始めた張本人のオガナアイクは、エル・ドットコムの編集後記で「ハッシュタグから全てが始まった。J.クルーのことがずっと大好きだった。お洒落だけど高くなくて気取りすぎていないJ.クルーの洋服はいつもインスピレーションを与えてくれる」と綴っていた。

もしあなたもJ.クルーの大ファンならこのコンテストに応募してみてはどうだろうか。