エッフェル塔のふもとに位置する、日本文化を発信する施設Maison de la Culture du Japon à Parisの1階で“日本人の美の秘訣”をテーマにした、ポップアップストア「Bijo;(ビジョ)」が11月14日から25日まで開催されている。

「Bijo;」とは、フランス語のBeaute=美しさ、Innovatrice=革新的な、Japonaise=日本、Originale=オリジナリティー、の頭文字を取った名称。

「日本独特の革新的な美しさ」をテーマに、毎日の生活を豊かにするための現代日本の美と健康、ライフスタイルを発信するプロジェクトである。

昨年11月、今年の4月に続き今回で3回目となる。

参加ブランドは、ホテル リッツ(Hotel Ritz)のシャネル(CHANEL)のスパでも採用されているネイルニッパーの「SUWADA(スワダ)」、創業1899年に金箔屋としてスタートした和コスメの「まかないこすめ」、コレット(Colette)やボンマルシェ(Bon Marche)でも取り扱われ既にパリでも多くのファンを持つトータルビューティーサロンのウカ(uka)に加え今回新たに、アラーキーがビジュアル撮影を行ったことでも話題の新フレグランスブランド「TOBALI(トバリ)」、フランス東インド会社が手がけるハーブティーを扱うブランド「Compagnie Royale des Indes Orientales(コンパニー・ロワイヤル・デ・ザンド・オリエンタル)」、刷毛職人が創った洗顔ブラシ「ALTY(アルティ)」も取り揃えて計15ブランドを展開する。

プロデュースを手掛けるのはフランスで日本の美容ブランドの欧州市場エントリーを手がけるコンサルティング会社、デシーニュ(Dessigns)代表の須山佳子氏。

プロジェクト発起のきっかけは、フランスでのアジアンビューティーブームだという。大手デパートやセレクトショップでも、アジアの輸入コスメが並ぶようになったが、日本・韓国・中国とアジアのひと括りで扱われ、それぞれの国の美容文化の特徴が理解されていない現状を目の当たりにしたことだという。

世界にも類を見ない程優れた日本の美容ブランドを伝えるべく、同プロジェクトを企画した。

フランスの水は硬水のため、洗顔や洗髪には向かず、スキンケアは極めてシンプルに時間をかけないのが一般的だという。

メイク落としは拭き取り式で洗顔はせず、髪は週に2回程度しか洗わない。

洗顔料を泡立てて丁寧に肌を洗うという概念がなく、ポップアップ初日のプレス会ではALTYのブラシを使った泡立ちの実践を体験し、洗顔後の肌質の良さに感動してポジティブな意見を残す業界関係者を多く目にした。

日本女性にとっては主流である化粧水、美容液、乳液をステップ毎に重ね付けるレイヤリング法、さらにはネイルのケアや美顔ローラーなどを紹介し、過去2回のポップアップではフランス人女性が驚き感動を覚える様子を目の当たりにしてきたという。

同ポップアップストアは大盛況で、多くの嬉しい反響があったという須山氏は「手で肌に触れて感じて、自身に時間を費やすという“自分をケアする”リラックスな時間こそ、テロや経済不況で不安を抱えるフランス女性に今必要なことなのかもしれません」と語った。

今後はパリに”美”をテーマにしたライフスタイルショップを構え、日本の伝統、技術、美意識を発信していく予定。

【イベント情報】
Maison de la Culture du Japon à Paris
住所:101Bis Quai Branly, 75015 Paris
営業時間:火~土/12:00~20:00
定休日:日、月

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >