アメリカのブラック・フライデーと感謝祭のオンライン販売の売上高は前年比17.9%増の79億ドルとなり、過去最高になったことを小売業の分析会社であるアドビ・アナリティクスが発表した。

実店舗に顧客を引き寄せるため、大幅な割引や無料ギフトの配布等を行った小売業者もあったが、多くの企業が実店舗への来客の減少を見越し、オンライン販売サイトや配送サービスの改善を行った。

ブラックフライデーのオンライン購入のうち40%が携帯電話で行われ、昨年の29%から増加した。

人気商品はテレビ、パソコン、玩具、ゲーム機であり、特にプレイステーション4の売上が好調であった。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >