『Adidas(アディダス)』は2018年ロシア開催のW杯のトップ級3チームを含む公式スポンサーとなり、サッカー関連商品の売上が急上昇すると言われている。

『アディダス』は、これまでも公式スポンサーとして、サッカーシャツ、シューズ、ボールなどを提供してきた。

2014年のブラジル開催のW杯では、ライバル『Nike(ナイキ)』の方がホストを含む多くのチームのスポンサーとなり、アディダスは苦い経験をしたこともある。

しかし、これまでアディダスはアメリカ市場でナイキと戦いながら売上を伸ばし、サッカービジネスを順調に仕切ってきた。

今回のW杯の公式スポンサーとなったことで、アディダスの2018年売上が期待される。